最近寒いですね。19卒の大学三年生は嫌でも就活を意識する時期ではないでしょうか?

まだインターンに参加したことがなく、ただひたすら焦っているそこのあなた!
確かに19卒向け冬インターンの応募期間はほぼ過ぎてしまいましたが、長期インターンならまだ間に合います。

今回は就活で成功するためになぜ長期インターンなのか、長期インターンをするにはどうすればいいのか、そして最後に未経験の方にオススメの長期インターン5選をご紹介します!

■インターンとは?意味から選び方まで先輩インターン生が徹底解説!


 目次
1.まだ間に合う?長期インターンとは?
2.長期インターンをするにはどうすればいい?
3.未経験の方にオススメな長期インターン5選!

1.まだ間に合う?長期インターンとは?

みなさんは1日から1週間程度の短期インターンのことはよくご存じだと思います。それとは異なり、長期インターンは一か月以上、バイトと同じ長さで行うインターンになります。

そもそも短期インターンのこともよく分からないという方は、下の記事をチェックしてみてください。


この記事では長期インターンと短期インターンの両方について詳しく解説しています。インターンのことをそもそもよく分かっていない方は要チェックです!


さて、なぜ今この長期インターンをするべきなのでしょうか?

それは、長期インターンの経験が就活をするのにメリットだらけだからです。

長期インターンによって、
1.学生時代頑張ったこととして、長期インターンの経験を話すことができる
2.社会人慣れすることで、面接の際にも緊張しすぎない
3.自分が得意なこと・苦手なことを実際の職務経験から判断することができる

などなど、普通にアルバイトをしているよりも就活対策につながります。

また、冬インターンの応募に間に合わなかった方々は短期インターンは未経験で就活をせざるを得ませんよね。

短期インターンに参加していれば、「インターンの時の経験から御社に惹かれました」というように志望動機に説得力を持たせることができます。
しかし今はそれができない以上、長期インターンをしておくことで他の学生と差別化を図ることが重要になってくるはずです。

2.長期インターンをするにはどうすればいい?

まず興味のあるインターンを探しましょう!

長期インターンの探し方は人それぞれですが、InfrAでは「社長直下」や「成果報酬あり」など面白い特徴で探すことができます。


やってみたい長期インターンを探すことができたら、実際に応募しましょう!
InfrAでは、企業によっては応募時に質問に答えるフォームがあります。自分を偽らずに誠実に回答しましょう。

応募後、しばらくすると企業の方からメッセージが来るので、なるべく早く返信しましょう。
この段階で、面接の前にWEBテストや適性検査を受ける場合もあります。

面接の日程が決まったら遅れないように行きましょう。これ以降はアルバイトの場合と変わりません。

下の記事で、ESの書き方や面接の受け方をチェック!

■インターンシップ徹底対策【受かるためのESと面接のやり方】


3.未経験の方にオススメな長期インターン5選!

ここではインターン未経験の人を歓迎している企業の長期インターン求人をご紹介します!

・企画の長期インターン

1.株式会社スイッチ・メディア・ラボ
テレビ関係の新規事業立ち上げに携われます!


2.株式会社SQUEEZE
民泊業界の新規運営サポートができます!


・マーケティングの長期インターン

3.株式会社グラム
インターネットを活用した事業を展開しており、プロジェクト単位で仕事が任されます!


・営業の長期インターン

4.株式会社アスリートプランニング
体育会系向け就活支援サービスの営業や営業企画が経験できます!


・エンジニアの長期インターン

5.株式会社アドシード
ゲームアプリの開発に携われます!



この他にもInfrAには未経験者歓迎の長期・有給インターンがたくさんありますので是非チェックしてみてくださいね!