目次

・夏が過ぎたらインターンは間に合わない?
・まだ間に合う?インターンシップの申し込み・締め切りはいつ?
-短期インターンについて
-長期インターンについて
・準備ってどうすればいいの?
・気になる企業をまとめてチェック!就活サイトに登録しよう
・インターンは大学3年生のためのものだけではない
・まとめ

夏が過ぎたらインターンは間に合わない?


「友達がみんなインターンに参加している中で、何もしていないのが不安…」
「今からインターンシップを探しても間に合わないんじゃ…」
「気づいたら夏休みが終わってた!どこにもインターンに行ってないのはまずい!」

そんなことを考えてはいませんか?

長い夏休みも過ぎて、すぐに冬が来ます。そして、冬が明ければすぐに就職活動が始まります。
果たして、いまさらインターンシップを探しても間に合わないでしょうか?

そうとも限りません。
というのも、短期インターンシップは、主に夏期インターンシップ(サマーインターン)冬期インターンシップ(ウィンターインターン)という2つの期間に分けて行われるからです。

そうです。まだ、冬期インターンシップが残っています。諦めるには早いのです。
夏期インターンは、主に7月~9月の間に行われます。対して冬期インターンは12月~2月の間です。
長期インターンシップという例外はありますが、日本の一般的なインターンシップはこの時期に行われるものがほとんどです。

とは言ったものの、インターンシップに参加するためにも準備が必要です。
締め切りに慌てることのないように、今回はインターンの日程と必要な準備について確認していきましょう。

 まだ間に合う?インターンシップの申し込み・締め切りはいつ?

インターンシップの開催時期や内容は、業界や企業によって大きく変わります。

1年のうちに何回か募集をかける企業もあれば、そもそもインターンシップを行わない企業だってあるのです。業務の都合上、夏期か冬期のどちらかだけしかできないということもあります。

また、1年間にまったく同じ内容のインターンシップを行うことはほとんどあり得ません。
普通でしたら、内容は希望する職種によって異なります。
ひとつの企業でも、販売営業、商品企画、経営マネージメントなど多くの仕事があります。
そして、業務を手広く行っている企業、いわゆる多角化している企業の場合は、インターンシップが2回3回と開かれることが多いです。業務が幅広くなるほど、欲しい人材も多くなりますからね。
ですので、インターンシップに応募する場合には、自分が希望する職種についても考えるのがオススメですよ。

さて、インターンシップの締め切りは、企業によってバラバラです。もっと言えば、1DAYインターンから長期インターンまで、種類によってもばらつきがあります。


短期インターンについて

まず、一般的な短期インターンシップについてご説明します。

短期インターンシップとは、1dayから約2週間程度までのインターンシップを指します。
内容としてはグループワークや企業の事業内容に関する説明・社員との交流会などが多いです。
基本的には無給で、企業理解を深めるためのプログラムが用意されています。

短期インターンシップでは、だいたいインターンシップが開催される日の1週間前から2週間前には締め切られます。
早いものでは、インターンシップ開催のおおよそ2カ月前には締め切られるものだと思ってください。応募する人数が多くなるので、大企業・人気企業であるほど締め切りが早いです。
夏期インターンシップは9月までですから、7月下旬には大企業のインターン申し込みのほとんどが終わるでしょう。冬期インターンシップの申し込みも同様です。

後述しますが、インターンシップには選考があります。そしてその選考が多いほどインターンシップの締め切りは早くなります。書類選考だけでなく面接など、選考フローが複数ある場合には2カ月前に締め切りがあるものも珍しくありません。

そのため、もちろん動き出すのは早いに越したことはありません。
気になる企業があっても、「インターンシップの募集はすでに終了しました」なんて文言があったらもったいないですからね。
焦る必要はないですが、下調べはきちんとしておきましょうね。



長期インターンについて

長期インターンシップは、約1ヶ月以上の期間から学生をインターン生として受け入れる形態のものです。
その内容は実際にマーケティングや営業、エンジニアとして社員と同等レベルの業務を行うため、短期のものよりも実践的なスキルが身につくものになっています。
長期インターン生を採用しているのはスタートアップ・ベンチャー企業が多く、有給のものが多いです。

募集の時期としては、短期インターンのようにはっきりと決まっていません。
InfrAのような長期インターンサイトで、様々な企業が募集しています。

そのため、自分に合った企業があるかどうか定期的にページをチェックしましょう。
InfrA職種や業界、エリアや企業・求人の特徴から長期有給インターンを検索できます。


 準備ってどうすればいいの?

さて、先ほど申し上げた通り、インターンシップに参加するためには準備が必要です。
「参加したいでーす」と言って参加できるほど甘いものではありません。学生からすると困ったことに、選考があるのです。
それが、エントリーシート(通称ES)と呼ばれるものです。大学生の方でしたら、いちどは耳にしたことがある単語でしょう。
インターンシップに参加するには、何よりもまずエントリーシートを書く必要があります。
内容としては、自分の経歴や志望動機、自己PRなどです。簡易的な履歴書と言ってもいいでしょう。
このエントリーシートを企業に提出するのが、選考の第1段階です。

そして、提出した後もまだ終わりではありません。
エントリーシートで企業が合格と判断しても、第2の選考が行われる場合があります。というか、そちらの方が多いです。
書類でふるいにかけた後に、面接でさらに人数を絞る。これは一般的な就職活動でも同じですね。

第2選考は、そのほとんどが面接かグループディスカッションで行われます。
書類で学生のプロフィールは分かっているので、実際に対面して話をすることで書類上では判断できないことを見ます。グループディスカッションの場合でしたら、思考力やコミュニケーション力、論理的に話ができるかどうかなどが問われます。
これらに合格してようやく、インターンシップに参加することができるのです。

げんなりしましたか?
インターンシップは、実は簡単に参加できるものではないのです。
あなたの友人も、たくさん努力して、色々と苦労して、インターンシップに行っているのです。

そして選考があるのであれば、備える時間も必要になります。
エントリーシートも、いきなり書けと言われても中々スムーズにいかないのが現実です。いったん慣れてしまえば、かなり書きやすくなりますけどね。
ですから、志望動機など企業によって変わる内容を除いて、エントリーシートを書く練習をしておきましょう。
自己分析や自己PR、持っている資格の情報などはあらかじめ書いておくのが良いかと思います。

インターンシップの締め切りは、開催日からの1週間から1か月前。
選考があるほど、インターンの締め切りは早くなる。
意外と苦労するので、エントリーシートに必要な情報はあらかじめ書いておく。

この3つを覚えておくといいと思います。

 気になる企業をまとめてチェック!就活サイトに登録しよう

インターンシップは、企業のホームページなどに掲載されています。
ただ、インターネットで検索しようにも企業が多すぎるのが今の世の中です。
1件ずつ調べていくのは非常に面倒です。それに、自分だけでインターンシップ先を探すのは間違いなく大変でしょう。

そこでオススメなのが、マイナビやリクナビなどの就活サイトへ登録することです。

社会には、そもそもどういった業界や職種があるのか。また、自分が興味を持っている業界には、どのような企業があるのかといった非常に多くの就活情報を手に入れることができます。
それだけでなく、自分がどのような仕事に向いているのかということをチェックすることもできます。
これは断言できますが、就活生であればあなたの友人の多くが登録しているでしょう。間違いありません。
就活サイトは単純に、就活に関する情報を得るためのツールとして有用なのです。
もちろん就活サイトを活用しつつ、自分で独自に探すのも良いかと思います。

結局は膨大な情報の山から、どれだけ自分が必要としているものを集められるかということが重要なのです。
特にインターンシップは期限がついていますから、早めに情報を手に入れるに越したことはありません。



インターンは大学3年生のためのものだけではない


ここまでインターンの参加時期や準備ついて解説してきましたが、インターンは大学3年生の就活を間近に控えた学生のためだけのものではありません。

最近では大学1・2年生のうちから長期インターンに参加してスキルを伸ばす学生の数も増えています。
周りと差をつける・将来のキャリア観をしっかりと形成するためにも、早期から時間を有効活用して参加することをお勧めします。

就活を直前に控えた大学3年生や院生は、短期インターンと長期インターンをうまく組み合わせて活用すると良いでしょう。
短期インターンは主に企業理解、長期インターンはキャリア観の形成や職種への理解・スキル獲得といった目的別に活用することがおすすめです。

InfrAではインターンに関する個別相談会を開催していますので、ぜひ活用してください。

まとめ

いかがでしたか。
インターンシップの締め切りと必要な準備について、うまくお話できたでしょうか。

今回は一般的なものについて紹介しましたが、ひと口にインターンシップといっても、様々な種類があります。
業界によって日程も形態も違います。
ですから、準備は早めに済ませておくことをオススメしますよ。

この記事があなたのインターンシップ探しのお役に立てれば幸いです。