インターンはサイト選びから!WEBサイト比較

就職活動をするうえで、 インターンシップ はとても重要です。
今どき、インターンシップに参加しないで就職活動を始める人はほとんどいないでしょう。

就活サイトの中でも、 企業研究 とインターンシップは2大コンテンツと言えます。

さて、そんなインターンシップに参加するには、インターネットからの応募が一般的です。

しかし、ひとまとめにインターネットといっても、インターンシップを紹介しているサイトはかなり多く、情報をまとめるだけでも大変です。

例えば「インターンシップ 短期」とGoogleで検索をかけてみても、インターンシップを紹介しているWebサイトはたくさん出てきます。

そしてさらに、それらのサイトの中からたくさんの企業を調べて、その中から自分の興味のあるインターンシップを探さなければなりません。

正直に言って、かなり手間がかかります。
すでに業界を絞り込めている方はまだしも、どんなインターンシップがあるのか分からないという人には思い情報量になるかと思います。

「どこのサイトを使えばいいの?」
「この業界に就職したいけど、情報が見つからない!」
「分からないから、とりあえずみんなが使っているサイトを教えて!」

こういった意見もあるかと思います。

そこで今回は、短期インターンシップのサイトを色々と比較していきたいと思います。

今回紹介するサイトは、「就活サイト」と「特化型サイト」の2種類です。

では、まずは就活サイトの方から見ていきましょう。


 ひとまず登録しておこう! マイナビ (2019年版)


 
学生の就職活動のさまざまな手助けをしてくれるのが、就活サイトです。

今後の人生を決める大事な就職活動ですから、選択肢はできるだけ多くあってほしいですよね?

マイナビのような大手サイトの魅力は、なんといっても掲載されている企業の数です。

マイナビ2019の掲載企業数は、2017年11月時点でなんと『23520』社。
そのうちインターンシップの数は、同時点で8187件(複数のコースを設けている企業もあるため、企業数は6418社)です。

その気になれば2万を超える企業の情報を、このサイトひとつから得ることができるのです。

加えて、このサイトにアクセスしたのは11月でした。ですので、当然ながら夏期インターンシップはすでに終了していました。

インターンシップは夏期に行われることが多いです。つまり、夏前であればこの倍の掲載数は見積もっていいかと思います。

掲載数が多くなればなるほど、自分に合ったインターンシップが見つかる可能性も上がります。
インターンシップだけではなく就職活動にも大いに役立ってくれるので、こういった大手就活サイトは登録しておきたいですね。

就職後も通用するスキルが身につく!マーケティングのインターンはコチラ


 もう一つの大手! リクナビ (2019年版)

 
マイナビと肩を並べるもう一つの大手就活サイトは、大手リクルートサイトのひとつであるリクナビのホームページです。

リクナビ2019に掲載されている企業の数は、2017年11月16日時点で15345社。
そして、そのうちインターンシップの数は『6867社』(2017年11月16日時点)。

こちらもマイナビ2019と並ぶ企業数です。

大手サイトの場合には、あらかじめ自己分析さえ済ませていれば自分が興味を持っている業界の情報を紹介してくれます。

インターンシップや就職活動を有利にするためにも、ぜひ登録しておきましょう!


 こちらも忘れず! キャリタス就活2019

 
『キャリタス就活2019』は、優良企業を多く掲載しています。

また、掲載されている企業の数も18725社と、上記2サイトに引けを取りません。
インターンシップも3179コースとこれまた豊富にそろっています。

そして企業数もさることながら、キャリタスは自己分析や業界分析のツールが多彩です。

キャリタスだけでなく、マイナビやリクナビといった就活サイトの強みの一つがこの分析ツールかと思います。
自分が向いている業界や職種をサイト側が教えてくれて、なおかつインターンまで紹介してくれるのですから、こんなに便利なものはないでしょう。

自分の将来に悩んでいる方、自己分析や業界分析がうまくいかない方は、まずこういった就活サイトのツールを使ってみるのをオススメします。

自分すら知らない思わぬ長所が見つかるかもしれませんよ。

インターンの情報だけでなく、自分の将来に向けた分析は役に立つこと間違いなしでしょう。

上記の大手就活サイトと併せて、チェックしておきたい就活サイトです。


 特化型サイト① 理系ナビ2019

 
就活サイトの中には、一部の業界や学生に特化しているものもあります。
その中の一つが、『理系ナビ』です。

このサイトは名前の通り、理系の学生に特化した就活サイトです。
画像のように、理系学生をターゲットとしたさまざまな情報を発信しています。

「自分は理系の人間だから、この業界には…」
なんて思っている人、いませんか?

このサイトは、そんなあなたの可能性を広げてくれます。

このサイトを見れば、自分が文系であっても理系であっても、「好きな仕事に就くことができる」という実感が持てると思いますよ。

自分が知らない業界の情報を掴んで、将来につなげる準備をしましょう!


 特化型サイト② マスナビ2019


 
こちらは、広告業界をはじめとしたWEB業界、マスコミなどのマスメディア関係に特化したサイトです。

業界特化型のサイトだけあって、適職診断や業界研究、職種研究などは他のサイトより一歩踏み込んだものができます。

インターンシップ情報だけではなく、広告業界関連のセミナーもたくさん紹介されています。

また、このサイトは広告業界の大手である宣伝会議グループが運営しています。
実際に広告業界の人間が運営しているものなので、情報の価値も高いかと思います。

インターンシップを募集するサイトはいくつもありますが、こういったサイトは中々ないんですよ。

広告・マスメディア関係を志している就活生は必見です!


 特化型サイト③ 外資就活ドットコム

 
特化型サイトの3つ目は、『外資就活ドットコム』です。

こちらも名前の通り、外資系の就活に特化したサイトとなっています。
「プロフェッショナルを目指す学生のための就活サイト」と銘打っているだけあり、掲載されているのは日本の中でもトップクラスの企業ばかりです。

商社・コンサルティング会社をメインに、コンテンツが豊富にそろっています。
業界研究だけでなく、具体的な選考対策のコラムなど役に立つ情報ばかりです。

また、外資就活ドットコムは独自のコミュニティを設けています。この点も魅力の一つといえるでしょう。

コミュニティを利用することでその企業・業界のインターンに参加した先輩たちと交流し、情報を手に入れることも可能です。

知っている先輩がいない企業の情報など、OB訪問が難しい方にとってナマの声を聴くことができるコミュニティは心強いツールではないかと思います。

外資系を狙う学生の方は登録する価値アリです。


トップ企業のインターンをまとめた YouGrow


トップ企業の短期インターンシップやサマーインターンをまとめて掲載されているのが『YouGrow』です。
掲載されているのは外資コンサルやメガベンチャー、大手メーカーなど人気企業のインターンばかりです。

YouGrowではインターンシップの応募締切をカレンダーにして公開されています。
カレンダー上で業界などで絞り込むこともできるので自分の興味のある業界のインターン締切をカレンダー形式で、ひと目見てわかるようになっています。

また自分が気に入ったインターンをお気に入りしておくと、締切間近にLINEやメールに通知が届いたり、自分だけのカレンダーを作成することができ、エントリーシートなど締切を管理するのに役立ちます。

YouGrowは長期インターン募集サイトInfrAを運営するTraimmuが提供するサービスです。


まとめ

いかがでしたか?

ひと口にインターン紹介サイトといっても、実はたくさんのサイトがあります。

マイナビやリクナビ、キャリタスなどの就活サイトから、エンジニアインターンのような専門に完全特化したサイトなど、多種多様なWEBサイトが存在しているのです。

そして、それらの中からさらに自分が興味を持っている企業やインターンを探す、というのは、かなり手間がかかります。

残された時間は限られています。
ですから、自分が何を体験したいのか、どんな業界の企業に行きたいのか。

じっくり選んで、インターンを実りのあるものにしてくださいね!