「サマーインターン」というワードを耳にする季節になってきました。最近では大手から中小まで規模問わずサマーインターンを実施する企業が増えてきているのはご存知ですか?しかしサマーインターンの開催が多くなっている現在、「どの企業のサマーインターンに行けばいいのかわからない...」「サマーインターンって何をやるの?」という声をよく聞きます。そこで今回は、大手人気企業を中心にあなたが行くべきおすすめサマーインターンをご紹介します!



記事ダイジェスト 
1. そもそもサマーインターンって?
2. サマーインターンに行くべき理由
3. おすすめサマーインターン【銀行・信託】
4. おすすめサマーインターン【外資系】
5. おすすめサマーインターン【通信・IT関連】
6. おすすめサマーインターン【コンサルティング】
7. おすすめサマーインターン【広告】
8. おすすめサマーインターン【テレビ局】
9. おすすめサマーインターン【出版】
10. おすすめサマーインターン【食品・飲料】
11. おすすめサマーインターン【交通・物流】
12. おすすめサマーインターン【人材サービス】
13. 【サマーインターン大手人気企業紹介】あなたが行くべきおすすめサマーインターン

そもそもサマーインターンって?

就活生なら夏になる前の4〜6月あたりから周りから「サマーインターン行く?」とか「サマーインターン応募した?」という声や質問をよく聞くようになると思います。サマーインターンとは学校の夏休み期間を利用して行われるインターンシップのことです。3日間のものや、1ヶ月に渡って行われるサマーインターンや給料が普通にアルバイトするよりもらえるインターンなど企業によって特徴が様々あります。

就活生なら選考が始まる前にサマーインターンに行くこと、経験することを強くおすすめします。サマーインターンを行っている企業は3日〜1週間程度の短期間でやることが多いですが、その短期間でも入社後の一通りの仕事を体験できたり、会社の雰囲気を知ることができます。なによりサマーインターンでは先輩社員のメンターがつくことが多く、頻繁にコミニュケーションを取ることになると思うので今後の相談にも乗ってもらえるかもしれません。また、1ヶ月以上の長期に渡るサマーインターンでは仕事の仕方、その業界で必要なスキルを習得できるなど、本当に会社の戦力になる実力をつける機会がもらえると思います。

おすすめサマーインターン【銀行・信託】

三井住友銀行のサマーインターン

(出典:http://www.r-chintai.jp/spot/city13113/cate0711/syousai491590/)


SMBC Summer Schoolでは、5日間のインターンシップを通じて、具体的な法人顧客を対象とした提案業務に従事していただきます。 実に当行スタッフとの具体的な打ち合わせ等を踏まえ、コーポレートファイナンスやストラクチャードファイナンス、M&Aといった具体的な金融手法から、業界再編や経営戦略への抜本的なアプローチ等、顧客の課題解決に向けた提案書を作成し提案いただきます。
お客さまの課題解決のために銀行が何を考え、何を行っているのか。提供している様々なソリューションの一端と、銀行における”ビジネス”とは何かということを学んでいただきます。
(引用元:http://www.smbc-intern.com/)

【参加者の声】
◯「一時的・部分的な付き合いとは異なり、その企業の将来まで寄り添うパートナー的な存在の銀行であるからこそ、長い付き合いから見えてくるもの、読み取れるもの、相手が望むもの、を自ずと把握できるようになるのだと教わりました。」

◯「ゼミ合宿で友人たちに”そんなに数字を読むの得意だっけ?”とか、”データたくさん出してくるね”と言ってもらえるようになりました。」

毎年応募者が殺到するほどの人気サマーインターン、三井住友銀行のサマーインターンです。銀行ビジネスとは何か?をチームの仲間と考え抜くグループワーク型となっています。

三菱UFJ信託銀行のサマーインターン


(出典:http://d-mysite.jp/mutb/internship2016/)

「信託」と「銀行」の2つの機能を併せ持つ信託銀行は、資金運用や調達に係る業務に加え、受託財産、証券代行、不動産、市場国際等の幅広い業務を行うことのできる国内屈指の金融機関です。今回のインターンシップでは、お客さまへの提案業務等のプログラムを通じて、信託銀行ならではの高い専門性、業務の多様性、社会的役割の大きさを体感していただきます。

(引用元:http://d-mysite.jp/mutb/internship2016/)

「信託」と「銀行」の2つの役割を果たしている信託銀行ならではの幅広い分野にわたる業務を体験出来ます。銀行・金融業界に興味があるという方は要チェックですね。

おすすめサマーインターン【外資系】

ドイツ銀行のサマーインターン

 
(出典:http://www.forbes.com/forbes/welcome/)

ドイツ銀行グループのインターンシップ・プログラムには、海外在住の大学生、大学院生、さらにはビジネス・スクールの学生の皆様が参加できる「グローバル・サマー・インターンシップ・プログラム」と、日本国内の大学生および大学院生の方が参加できる「サマー・エクスペリエンス」の2種類のプログラムがあります。
就職前の学生の皆さんにとっては、外資系金融の仕事やカルチャーを体験できるだけでなく、ドイツ銀行グループの社員やインターンに参加する他の学生の皆さんとネットワークを作る格好の機会です。ぜひチャレンジしてみてください。

(引用元:https://japan.db.com/jp/content/careers_internship_program.html)

フランクフルトに本社を置くドイツ最大の銀行、ドイツ銀行(Deutsche Bank)。

EU経済だけではなく、世界中に大きな影響力を持つ世界有数の外資系金融機関です。

モルガンスタンレーのサマーインターン


(出典:https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2012-10-09/MBNDCS6K510G01)

Summer Insight Program 2016

ビジネスエリアの違う6つのコースをご用意し、レクチャー、ケース・スタディ、グループ・ワーク、社員との交流など、それぞれに多彩なコンテンツを通して、グローバル総合金融サービス企業の最前線で活躍する魅力を体感していただきます。
現在の専攻や専門性は問いません。金融に対する知的好奇心を満たしたい方の積極的なご応募をお待ちしています。
1. 投資銀行/資本市場コース
2. 債券:セールス&トレーディングコース
3. 株式:セールス&トレーディングコース
4. テクノロジー<情報技術>コース
5. マーチャント・バンキングコース
6. 証券管理<オペレーションズ>コース
(引用元:http://www.morganstanley.co.jp/msinjapan/careers/apply/local.html)

ニューヨークに本部を置くモルガンスタンレーのサマーインターンです。世界の投資銀行分野を牽引する大企業です。選考をくぐり抜けるのは難関ですが、世界的大企業ならではの業界最前線のスキルを体感することができます。

ゼネラル・エレクトリック(GE)のサマーインターン


(出典:http://www.ge.com/jp/careers)

GEは、世界各国においてインフラストラクチャー分野で事業を展開し、世界が直面している困難な課題の解決に貢献しています。エネルギー、水処理、トランスポーテーションから医療にいたるまで、幅広い商品とサービスを世界170ヶ国以上でお客さまに提供しています。

互いを尊重し合うオープンな企業風土がGEの文化であり、この文化が個々の力を育む土壌として企業力を高める源泉になっています。さらに、ビジネを世界全体で展開しているため、社員の国際的な視野を養いながら、ビジネスを牽引できるグローバルな人材を育成することが可能です。GEには、仕事を通じて満足感や達成感、そして自分自身の存在意義を実感できる環境があります。

(引用元:http://www.careerforum.net/job_detail.asp?jobno=17360&lang=J)

外資系大手ゼネラル・エレクトリックのサマーインターンでは、応募条件に卓越した英語力(TOEIC860点以上)があります。外資系企業のサマーインターンではこのようにバイリンガル、あるいは一定水準以上の語学力が求められるところが多いです。

P&Gのサマーインターン


(出典:http://jp.wsj.com/articles/SB10519349150193173538704581502324196307038)

CEO Challengeは、P&G Japanが主催するインターンシップです。
ステージ勝ち抜き戦で、トレーニングやコーチングを受けながら
実際のビジネス課題に取り組んでいただきます。
サポートはすべて現場で活躍する社員が行い、ステージを勝ち進むにつれ、
トレーニング・コーチングのレベルも、よりレベルの高いものとなっていきます。
ファイナリストはP&G Japan本社で
代表取締役社長率いる経営陣に直接プレゼンテーションを行い、
実際のビジネスさながらのフィードバックを体験して頂きます。
世界最高レベルの人材育成企業と言われるP&Gならではの
ハイレベルなプログラムを通じて、自分でも驚くほどの自己成長を実感し、
そして優勝を勝ち取ってください!

(出典:http://pgsaiyo.com/campus/event/ceo/)

【参加者の声】
◯「世界で活躍している人たちと同じトレーニングを受け、尊敬できる社員や勝ち残っていく優秀な人たちからの刺激と共に、4日間とは思えない成長と自信を得ることができました。」

◯「社員の方から丁寧なフィードバックをいただける点、全職種の視点からアウトプットを考える点が、自分のキャリアビジョンを考える上で役に立ちました。」

世界最大の一般消費財メーカーP&Gのサマーインターンです。

ビジネスコンテストの勝ち抜きトーナメント方式で開催される珍しいインターンですね。

おすすめサマーインターン【通信・IT関連】

フリークアウトのサマーインターン


(出典:https://www.fout.co.jp/)

本ジョブは、メンター社員含む参加者全員に高度の知的生産性を求めるプログラムです。
3日間、難度の高い課題と初対面の学生同士のチームビルディングに苦しみながら、これまで経験したことのない強烈な負荷の下、
論理的思考能力、思考継続力、リーダーシップ、チームワーク、コミットメント等あらゆる力が試される場となります。
本ジョブに参加する学生は、3日間を通じてビジネスデベロップメントに必要とされる産業構造全体を俯瞰して見る力、
アイデアという不確定要素に基づかない汎用的な事業創造スキルを身につけることができます。
" 3日間でここまでやれる "
お越し頂く皆様に人生最高の生産性を体感頂けるよう、一切学生扱いせずにお迎え致します。
【ジョブ生に期待すること】
・高度の知的生産性
・少数精鋭組織で働くというプロフェッショナル意識
・ビジネスのルールを変えてやりたいという反骨精神さ
(出典:https://www.fout.co.jp/newgrads/smj2018/?utm_source=homepage&utm_medium=media&utm_campaign=newgrads)

【参加者の声】
◯「超デキル社員の方々、優秀な学生達とワークができて目線があがった。」

◯「精神的、肉体的に追い込まれるプレッシャーの中で、結果に対して本気でコミットし続ける楽しさを体感できた。」

◯「社員もフルコミットで、細かいところまでアドバイスいただけたのが良かった。」

最近学生に人気のフリークアウトですが、フリークアウトのサマージョブは力がつくと実力重視の学生から人気のサマーインターンです。メンターの社員さんも必死になるレベルの課題を3日間でこなす経験は他ではなかなかできません。

VOYAGE GROUPのサマーインターン


(出典:https://voyagegroup.com/internship/)
「未知」なるものを「想像」し、それを実現するための「道」を自ら「創造」する。
そして、『世界を変えるスゴイことをやる』。たったひと夏で圧倒的に成長し、その想いを実現するインターンが、ここにはある。

(引用元:https://voyagegroup.com/internship/)

【参加者の声】
◯「ビジネスなんて・・・.今そう思っている人も伸びしろを実感できるインターン」

◯「フルコミットし、駆け抜けたからこそ感じれた特別な想い。」

◯「自分自身のキャリア観を変える程の気付きがここにはある。」

VOYAGE GROUPは「働きがいのある会社ランキング2016」において1位に選ばれるなど今大注目の企業です。(「働きがいのある会社」ランキング(参加321社))

あたかもRPGゲームのような、変わったインターンプログラムを実施するなど非常に興味深い内容となっています。

おすすめサマーインターン【コンサルティング】

ドリームインキュベータ(DI)のサマーインターン


(出典:http://www.dreamincubator.co.jp/)

2018卒向 DI Summer Study 2016
DIでは、学生の皆さんに、戦略コンサルティングおよび当社に対するご理解を深めていただくとともに、「考えることの楽しさ」を実感していただくため、 「DI Summer Study 2016」 を実施致します。
Summer Study では、実際の企業・テーマを題材に、情報収集・分析・戦略策定までの一連のコンサルティング業務を体験いただきます。第一線で活躍するビジネスプロデューサー(BP)たちの助言を受けながら、2日間にわたってプロジェクトに携わり、最後には当社幹部に向けたチーム毎の報告会(プレゼンテーション)を行っていただきます。
コンサルティングという仕事への適正を試すとともに、学生の皆さんにとって、大きな成長を実感できる絶好の機会ですので、是非ご応募下さい。

(引用元:http://www.dreamincubator.co.jp/career/career_news/30085.html)

デロイトトーマツコンサルティングのサマーインターン


(出典:http://japaneseclass.jp/)

擬似プロジェクトを通じ、経営コンサルティング業務を体感して頂きます。
<スケジュール例>
●1~4日目:会社説明・講義・グループワーク
●最終日:グループ毎にプレゼンテーション・講評・懇親会
※昨年実施時のスケジュールであり、日程・内容に変更がある場合があります
<昨年実施時の発表テーマ>
●××社のM&A戦略提案
●○○社の中国市場進出提案
●△△業界の生き残り戦略提案
など
※各チームにコンサルタントがケースマネジャーとして参加し、5日間というプロジェクトをサポートします

(引用元:http://www.dtcrecruit.tohmatsu.co.jp/contents/requirements_internship_summer.html)

イトクロのサマーインターン


(出典:https://www.green-japan.com/company/3128)

新規事業創出インターンシップ
「優秀なプランには1000万円の投資」
イトクロのインターンは自分達で事業化することが前提です。
実現可能性と投資額に見合うリターンがあれば、1000万円に限らず必要な金額を投資いたします。実際に過去にいくつもの事業がイトクロのインターンから生まれています。
「代表取締役が直接指導」
数々の事業を立ち上げ、成功に導いてきた弊社代表取締役が、事業家や投資家の観点から直接チームに入って厳しく指導します。経営者とのハイレベルなディスカッションの中で、ビジネスの勝ち方や事業の立ち上げ方、経営者視点など様々なことを掴みとってください。
「同世代のトップラインを走る学生が集結」
大きな志を持つ優秀な学生が集っています。いわゆる超難関企業から内定を多数もらう方、4年次に事業を立ち上げる方、就職後会社を辞めて起業する方など、このインターンシップをきっかけに多くの方がビジネスリーダーとしての第一歩を踏み出しています。

(引用元:http://recruit.itokuro.jp/intern/business/)

【参加者の声】
◯「“自分の限界を知る”こんな貴重な体験を就職活動前にできて本当に良かった。」

◯「数々のビジネスコンテストでの入賞経験から、実力にはある程度の自信があったが、役員の方々の頭の回転には全く歯が立たなかった。また、会社のリソースやコネクションを使うことなく、本当に自分の力だけで事業を“立ち上げる”という体験ができたのはイトクロのインターンだけだった。」

おすすめサマーインターン【広告】

博報堂のサマーインターン


(出典:http://midasjapan.com/)

赤坂での3日間の講義とワークショップを行った後、軽井沢での合宿形式での合計6日間にわたるサマーインターンとなっています。

電通・博報堂・ADKと広告3大大手の1つに数えられる博報堂は「クリエイティブな博報堂」と呼ばれるくらい制作部門が強く、数多くの著名なクリエイターを産み出してきました。

学生にとって、日々クリエイティブを追求するプロフェッショナル集団から”考え方”を学ぶことは魅力的に映るようで超人気のインターン先となっています。

電通のサマーインターン


(出典:http://toyokeizai.net/articles/-/12428)

常識(あたりまえ)を壊す、夏の7日間。
常識は、いつだって我がもの顔で邪魔をしてくる。
「普通はこうだから」「前例がないから」
アイデアのいちばんの敵は、つまらない常識だ。
あたりまえを、疑おう。固定概念を、ぶち壊そう。
考えることをあきらめなければ、これまでの常識を超えるアイデアにきっとたどり着けるはずだ。

(引用元:http://www.dentsu.co.jp/intern2015/)

広告業界の王者、電通は学生からの人気も凄まじいものがあります。

インターンシップの選考においても3次選考まであり、

本選考さながらの力の入れようです。

おすすめサマーインターン【テレビ局】

フジテレビのサマーインターン


(出典:http://blog.goo.ne.jp/midorigf2/e/76a6e2912f2d19cc158a2ebedf7c6554)

【アナウンサー部門 “夏のお台場アナウンススクール”】
現役アナウンサーによるアナウンスの基礎トレーニングを伝授!
さらに本物のスタジオで模擬番組収録を体験。
番組収録の様子を撮影したDVDも記念にプレゼントします。

【テレビ制作部門 “サマースクール”】
制作現場の各部門が今年もサマースクールを開校!
リポート体験、番組企画会議、スタジオ見学・・・!と内容も盛りだくさん。
第一線で活躍する社員に普段聞けないマル秘話をどんどん聞いてみましょう!

(引用元:http://job.mynavi.jp/conts/2017/tok/is/29/)

マスコミ業界を考えている人は多いと思います。

テレビ局のサマーインターン事情は気になりますよね。

フジテレビはアナウンサー部門とテレビ制作部門に分かれ、サマーインターンを実施しています。また、テレビ局によってはインターンだけではなく番組制作アルバイト等を募集しているところもあるのでHPをチェックしてみてください。

テレビ東京のサマーインターン


(出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/index/timetable/)

「テレビの仕事」に興味がある方、テレビ東京で働いてみたい方!テレビ東京のインターンシップでは、実際の番組制作現場に入ってテレビの仕事を学んでいただきます。一般ニュース・経済ニュース・スポーツニュース・制作・コンテンツビジネス・技術の中から希望のコースとタームを選び、現場社員とともにテレビ東京の仕事を実体験していただきます。

(引用元:http://www.tv-tokyo.co.jp/internship/)

①一般ニュースコース

②経済ニュースコース

③スポーツニュース・中継コース

④ADコース

⑤番組宣伝コース

⑥制作技術コース

おすすめサマーインターン【出版】

朝日新聞のサマーインターン


(出典:http://xaraswo.exblog.jp/1438720)

【参加者の声】
記者

◯「町を歩いている人に突然取材を申し込んだり、地方総局訪問では高校野球の選手に囲み取材をしたりと、学生ではなかなかできない体験だった。」

◯「現場で活躍されている先輩記者から班ごとに原稿の添削・講評をしていただけたので、勉強になった。」

ビジネス

◯「新聞社のビジネス部門が自分の知らない多くのものを社会に提供していることを知ることができた。」

◯「"ビジネス視点"の重要さと自分の未熟さに気づくことができました。」

(引用元:http://www.asahi-intern.com/)

新聞社の仕事は「記者」だけと思っていませんか?

実は新聞社には多種多様な業務があり、さまざまな職種が存在します。

朝日新聞のサマーインターンでは、「記者・編集職」、「ビジネス職」、「技術職」の3つコースから新聞社を体感することができます。

日本経済新聞のサマーインターン


(出典:http://www.nikkei.co.jp/nikkeiinfo/about/)

【参加者の声】
記者

◯「ただ単に人に話を聞いて、わかりやすく人に伝えるのが記者の仕事だと思っていた。しかし、それだけではなく、その人の想いに考えを巡らせ、向き合った上でないと人には伝えられないと感じた。とことん人と向き合う仕事だと思う。」

◯「インターンシップといっても手取り足取り教えてくれるわけではなかった。実際に取材する中で身をもってやり方を学んでゆかなければすぐに取り残されていただろう。しかし、これほど自由に動かせてもらえるインターンは少ない。」

ビジネス

◯「新聞ビジネスというものは、記者が記事を書くだけでは成立しません。記者が書いたものを新聞の形にまとめ上げ、それを読者の元まで届けるまでの一連の流れこそが新聞ビジネスであると考えています。私はこのインターンシップで、この流れに加えて、いかにして広告を獲得してくるのか、そして、いかにして読者層を広げていくのかということをより深く学ぶことが出来たと思います。」

(引用元:http://www.nikkei.co.jp/internship/)

日本経済新聞社が実施するサマーインターンは

「記者コース」、「ビジネスコース」、「電子版コース」とわかれています。


おすすめサマーインターン【食品・飲料】

サントリーのサマーインターン


(出典:http://komekami.sakura.ne.jp/archives/2564/p1030200)

2015年夏も、理系学生を対象とした「技術系インターンシップ」を開催。面白いのはプログラム内容として用意されているのが「答え」のある課題ではないという点。実習生15名には今まさにサントリーのものづくりの現場が抱えている課題解決の道筋を、「コーチャー」と呼ばれる先輩社員の助けとともに体感してもらった。
課題解決のための仮説を立て、実験を基に成果を出すも出さないもインターン生のアプローチ次第。社員と同じ生活を体感してもらうことをモットーにし、サントリーにおけるエンジニアの仕事を存分に体感してもらった。

(引用元:http://www.suntory.co.jp/recruit/challenge/internship/)

【参加者の声】
◯「社内には「やってみなはれ」の精神が根付いており、それによって一人一人がのびのびと仕事に取り組んでいると感じました。」

◯「多くの人が手にする、多くの人に愛されるモノづくりの裏には、その商品に自信を持って生産している”人”がいました。サントリーの方々はサントリーの商品が大好きであり、細部までこだわりを持って良い品質のものを工場から送り出している姿に感銘を受けました。」

サントリーの募集は理系大学生対象の技術系インターンシップとなっています。

おすすめサマーインターン【交通・物流】

全日本空輸(ANA)のサマーインターン


(出典:http://toyokeizai.net/articles/-/103713)

世界を獲るエアラインの商品・サービス企画の舞台裏を知る!
ANAが世界でも高い評価を受けているプロダクト・サービスの企画セクションを体験。エアラインのプロダクト・サービスがどのように検討され、形になっていくのか、皆さんも一緒に企画会議に参加してみませんか?
インターンシップ概要 ANA(全日本空輸株式会社)は世界のリーディングエアライングループを目指しています。
数あるエアライングループの中からお客様に選ばれ、世界をリードし続ける確固たる地位を築くため、私たちは常に「楽しさ」「ワクワク感」を感じていただけるプロダクト・サービスを提供したいと考えています。
エアラインのプロダクト・サービスとは、航空機内のシート・機内食・接客サービスから、空港のラウンジ・搭乗ゲート、そして宣伝やWEBなど、多岐にわたります。
今年初めて開催する、この「世界を獲るエアラインプロダクト・サービス企画の舞台裏を知る!」インターンシップでは、ANAが世界でも高い評価をいただいているプロダクト・サービスの企画セクションを体験していただこうと考えています。
普段飛行機を利用する際に何気なく利用しているプロダクト・サービスがどのように検討・企画され、形になっていくのか、その舞台裏を知り、皆さんも一緒に企画会議に参加していただきたいと考えています。
また、エアラインビジネス全体を理解いただける講座や見学も用意していますので、業界研究をまだしていない方も安心してご参加ください。

就業体験内容 (予定)
1.エアラインのプロダクト・サービス(機内・空港・インターネットなど)の企画提案
2.エアラインの事業環境・マーケティング戦略など、エアラインビジネスに関する講座
3.事業所(汐留本社・羽田空港・その他)の見学
など

(引用元:http://www.social-lunch.jp/intern/2013/summer/20249)

東日本旅客鉄道(JR東日本)のサマーインターン


(出典:http://www.jreast.co.jp/sp/)

JR東日本では大学生、大学院生、高等専門学校生などを対象として「インターンシップ」を実施します。JR東日本の業務や技術に興味のある方、学校での専攻や自らのスキルを実践的に試したい方など、多くのご応募をお待ちしております。
(テクニカルマネジメントコース、ビジネス・マネジメントコース)

(引用元:http://www.jreast.co.jp/internship/index.html)

おすすめサマーインターン【人材サービス】

リクルートのサマーインターン


(出典:http://www.recruit.jp/)

*概要は2015年のもの
”リクルートの事業企画のポイントを学び、自分のモノにせよ”
Web領域において、自分の事業で勝負したいと考えているあなた。サービスをリリースして終わり、ビジコンに挑戦して終わり、になっていないだろうか?その後の人生に活きる、本当の学びは得られているだろうか?
私達リクルートホールディングスは過去、様々なインターンを実施してきました。企画開発型インターン、リーン・スタートアップの手法を学ぶインターン…そんな中で思ったのは、「彼らはここで学んだ内容を、本当に次の行動につなげられているだろうか。」ということ。
目まぐるしく変化するwebの世界で成功する人は、変化を捉え学び続ける人。だからこそ、皆さんには何より「経験から学び取る力」を身につけてほしい。
そんな思いから、今回はただの事業立案ではなく、次の行動につながることにこだわったインターンシップを作りました。
ここでしか聞けないリクルートの事業企画のポイント、高い壁を超える実践の場。納得するまで浴び続ける大量のフィードバックを通じて、経験が自分のモノになる手応えを感じてください。
参加報酬 : 50,000 円、学年不問>

(引用元:http://recruit-jinji.jp/summer-internship2015/)

リクルートのサマーインターンはリクルート流の事業計画や実行の部分を学べるサマーインターンになっています。優勝者に海外研修のインセンティブがあるなどとても人気なサマーインターンです。

まとめ

大手人気企業を中心におすすめサマーインターンをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?「あの企業、こんなサマーインターンやってるんだ。」「このサマーインターン面白そう。」とご覧いただけたら筆者としても幸いです。また、今回ご紹介した企業のサマーインターン情報は過去に開催されたものを参照して作ったものです。もしかしたら今夏開催されなかったり、内容変更があるかもしれません。サマーインターン情報は5月〜7月にかけて各企業HPで更新されるので、必ず今年のサマーインターン情報をチェックしてみてください。