IT業界でインターンをしたいと思っている学生も多くいるかと思います。
では、IT業界でインターンをするためにはどうすればいいのでしょう?
IT業界でインターンをする場合は、未経験でも大丈夫なのでしょうか?


目次
・IT業界のインターンとはどのようなものか? 
・詳しいIT業界の仕事内容




■IT業界のインターンとはどのようなものか?

●IT業界とはどのようなものか?

全てのジャンルでIT業界は発展しています。
普段使用するパソコン、スマホなど、多くのデバイスが身の回りにはあります。

では、パソコン、スマホなどは、IT業界がどのように関係するのでしょうか?また、基本的に、IT業界とはどのようなものでしょうか?

IT業界は、いろいろな職種や業種が絡んで、テクニックが開発されている中において、仕事内容やサービス内容が複雑になってきています。


大きくIT業界を分類すると、ネット業界、ソフト業界、ハード業界、SIと言われる情報処理サービス業界に分けられます。


・ネット業界

ネット業界は、ウェブサイトをインターン先の会社の商品やサービスを紹介するために制作したりします。


・ソフト業界

ソフトというのは、ハードの動作をコントロールするための方法や、プログラムとしての命令をまとめたものです。
ソフト業界では、OSというオペレーティングシステムと、作業をこのOS上で実行するアプリのソフトの開発をおもに行っています。

・ハード業界

ハード業界は、コンピュータを構成する電子機器や、キーボード、モニター、マウス、プリンターなどの周辺機器を扱う業界のことです。
ネットなどが使えるようなスマホやパソコン、ゲーム機や家電品などもハード業界になります。

・情報処理サービス業界

システムインテグレーター業界(SI)と情報処理サービス業界は言われており、非常に多くのデータから、必要な情報をパターン認識や統計学などのデータを解析するテクニックによって抽出し、抽出したデータ使って、サービスするためのコンサルから開発、設計、保守・運用までを行います。



IT業界のインターンの場合は、起業を将来したいと思っている人、ビジネスの世界ですでに仕事をしている人などの意欲がある学生が多く、自分が提案したものが実力によっては実際に使われる場合もあります。

IT業界は、このように勢いがありますが、インターンで参加できる職種としてはウェブ開発とアプリ開発などがメインです。

ここでは、IT業界のインターンの場合に、どのようなことを具体的に行っているか? どのようなことがマスターできるか? どのような学生に適しているか? などについてご紹介しましょう。


●どのようなことを具体的に行っているか?

・アプリを開発する

急増しているのが、スマホなどで使うアプリの開発です。

若い社員が多いので、コミュニケーションが学生にとっては図りやすく、実力によってインターン生の場合でも活躍できることが多くあります。

アプリを開発する仕事内容としては、コンテンツの開発、設計、動作確認というような、アプリが出来上がるまでの開発の際の一連の仕事を担当します。よりスムーズに開発メンバーが制作できるツールを作るなど、開発する環境を整えたりもします。

コーディングのスキル以外に、アプリをより良く制作するための考えを企画したり、提案したりします。

開発する環境は会社によって違っていますが、マスターできるスキルとしては、Java がAndroidのアプリを開発する場合にマスターでき、プログラミング言語のObjective-C やSwiftというようなものでのプログラミングのテクニックをiOSアプリを開発する場合にはマスターできます。

また、新しく発想できる提案力や正常に動作するかチェックするスキルなどもマスターできます。アプリを開発する場合はいろいろな仕事があり、テクニックが進むスピードも速いので、対応力が柔軟な人に適しています。

開発する際は、チームを組む場合が多くあります。そのため、コミュニケーションを図るのが得意な人や、新しいジャンルにチャレンジしたい、新しいものに興味がある人にも適しています。

・ウェブを開発する

ウェブを開発するジャンルは、さらに今後も伸びることが想定されています。

ウェブを開発するのは、ウェブシステムやウェブサービスを開発することで、メインはウェブサイトのためのプログラミングになります。ウェブサイトのビジュアル面の外観などを開発するのではなく、ウェブサービスとしてユーザーに提供するものの、機能的なところを開発します。ウェブを開発する仕事内容としては、はっきりした区分はありませんが、少し役割がシステムを担当するところによって違っています。

大きく分類すると、クライアントサイドという表面的なユーザーが見るところなどと、サーバサイドというユーザーが見ないデータ処理のところなどの2つがあります。

クライアントサイドを開発する場合は、入力をユーザーが行う画面などの処理をブラウザ側で行うものをコーディングします。ユーザーが見るところを開発するため、仕事内容としてはウェブデザインも含まれ、ユーザーインターフェース(UI)やユーザーエクスペリエンス(UX)に関しての知識も要求されます。

サーバサイドを開発する場合は、サーバの開発・設計をしたり、システムの開発データベースの要件を決めたりするなど、ユーザーが見ないところの仕事を行ったりします。開発する場合は、いずれの仕事も担当することもありますが、違ったテクニックがそれぞれ必要になるため、大きなプロジェクトの場合には細かく仕事が分かれます。

メインにクライアントサイドを開発する場合は、プログラミングのテクニックとしてCSSとHTML、JavaScriptなどを使用したものがマスターできます。サーバサイドを開発する場合に必要なプログラミング言語は、クライアントサイドで使用されるものに比較して多くの数があり、Ruby、Java、PHP、Perlなどがあります。
また、コミュニケーションスキルや企画力もマスターできます。

ウェブを開発するインターンは、ITを使用したサービスを制作したいと思っている学生や、仕事をエンジニアとして行いたいと思っていてもプログラミングした経験があまりなく、簡単なものからスタートしたいと思っている学生に適しています。

ウェブを開発するのは、スマホのアプリを開発する場合と比較して長い歴史があり、開発するための道具や開発言語のチュートリアルやフレームワークなどがいろいろ準備されています。

そのため、プログラミングした経験が多くない学生の場合でも、容易に開発しやすい環境が整備されています。

また、ユーザーが利用しやすいものを考案する発想力や、新しい情報を効率化するために追求する人が適しています。


●インターンサイトの無料相談を活用しよう!

 IT業界は、今後さらに成長すると考えられています。そのため、IT業界のインターンに参加して、IT業界でぜひ仕事をしてみましょう。IT業界のインターンに参加すれば、さらにIT業界に関して詳細な知識が把握できるだけでなく、スキルの実践的なものまでマスターできます。

しかし、IT業界ということでも、インターンはどのようなものがあり、自分にはどのような職種が適しているか分からない人も多くいるでしょう。このような場合は、インターンサイトで無料相談を受けてみましょう。

インターンサイトでは、インターンを紹介してくれるだけでなく、エントリーシートの書き方まで、手厚くサポートしてくれます。

IT業界のインターンのみでなく、キャリアについての就活など相談はどのようなものでも対応してくれます。気軽にIT業界のインターンについては相談してみましょう!

■詳しいIT業界の仕事内容

ここでは、詳しいIT業界の仕事内容についてご紹介しましょう。IT業界のインターンに参加したいと思っている場合は、ぜひ参考にしましょう。

●IT業界の仕事について

IT業界は、進化を常にし続けており、テクニックは非常に速いスピードで発達しています。 そのため、仕事が年々多岐に拡大してきています。これまではITに関係がなかったような業界に対しても、参入することが多くなってきました。身近なサービスに関係する仕事も多くあるため、快適にユーザーが暮らすためのものを作りたいと思っている人に適しています。

●IT業界特有の仕事

IT業界は、非常に進化しているため、特有の仕事も多くあります。中でも、開発を担当する仕事は幅広く、高い専門性があるものになっています。開発している部署の中においても、いくつもの職種が専門性に分かれてあります。

代表的な職種としては、
・システムエンジニア (SE)
・デザイナー
・プログラマー 
が挙げられます。

システムエンジニアの主な仕事は、コンピュータシステムの設計です。そのため、いろいろなプログラム言語やテクニックを把握する必要があるでしょう。 また、コンピュータシステムを運用する方法も検討する必要があります。

デザイナーは、フロントエンジニアと最近は言われる場合もあります。 デザイナーが担当する仕事は、アプリやウェブサイトなどのデザインです。綺麗な外観にすることも大切ですが、ユーザーにとっていかに利用しやすいかを検討していくことが、最も大切になっているでしょう。プログラマーは、システムエンジニアが考案したものを設計する仕事を担当します。 バグなどが発生した場合の対応も、プログラマーの大きな一つの仕事です。

●その他の共通する仕事

IT業界は、そのテクニックのスピード性や新規性を活かした仕事があります。営業の仕事は、代表的な自分の会社の商品やサービスを売り込みするだけでなく、新しいマーケットを開拓することも大きな仕事になっています。

ITがまだ普及していない業界へIT化を普及させることによって、より世の中を便利にしていくようになります。企画の仕事内容としては、ITに関係するサービス・製品・アプリなど全てにおいて幅広く取り扱われています。

そのため、
・企画
・マーケティング
・営業

といった職種はIT業界でも多く募集しています。

これ以外にも、IT業界のどのような会社でも、総務、経理などの職種があります。

IT業界の仕事内容については、それぞれの会社によって、ここでご紹介した内容とは少し違っている場合もあります。そのため、インターンを募集している会社の求人を十分にチェックしておきましょう。

■就活に有利になる!長期有給インターンを探す