おすすめ転職エージェント・
サイトの専門メディア
search
看護師におすすめの転職サイト11社比較ランキング!口コミ・メリットも解説
おすすめランキング

看護師におすすめの転職サイト11社比較ランキング!口コミ・メリットも解説

数多の看護師向け転職サイトから、厳選したおすすめ11社を比較してご紹介。転職サイトを利用するメリット・デメリットも解説しています。この記事を読めば、転職サイト利用の流れや活用術もつかめて、転職活動成功につながります!

看護師向け転職サイトランキングTOP3を徹底比較!

「今の職場が合わない」「もっと違うキャリアを進みたい」
看護師の中には、転職するか迷っている人も多いのではないでしょうか?資格職で需要の高い看護師だからこそ、転職サイトを使って自分にぴったりな職場を見つけましょう! 

看護師ランキング

まずは、数多のサイトの中から厳選したTOP3をご紹介。転職を少しでも考えているなら、登録して損はないサイトです。

1位:圧倒的求人数を誇る「看護のお仕事」

看護のお仕事_公式画像

第1位は、求人数トップレベルの「看護のお仕事」。実際に、看護のお仕事の運営が年間4,000回以上の職場訪問を実施しており、リアルな職場の雰囲気をつかんでいます。

そのため、求人紹介におけるミスマッチが起こりにくく、希望に合わせた最適な求人を紹介してくれるのです。

看護のお仕事の評価

看護のお仕事_グラフ

職場インタビューがついた求人があるなど、*求人情報の詳細さが特徴的。全体的にかなり評価は高く、看護師で転職したいなら絶対に登録しておきたい転職サイトです。

看護のお仕事の口コミ

「良い点だけではなく、悪いところも教えてくれる」という声が見つかりました。実際に職場訪問をしているため、企業のことを知り尽くしている証拠ですね。
求人数も多く、自分にぴったりな職場が見つかること間違いなし。ぜひ登録してみてください。

看護のお仕事登録サイトへ

arrow

2位:認知度NO.1の「マイナビ看護師」

マイナビ看護師_公式画像

第2位は、看護師向け転職サイトで認知度No.1の「マイナビ看護師」。今すぐ転職したい人も嬉しい即日面談・即日応募も可能で、スピード感のある対応が特徴です。

入職後までフォローがあるなど、手厚いサポートが魅力的。新しい職場に馴染めるように、アドバイスをもらうことができますよ。

マイナビ看護師の評価

マイナビ看護師_グラフ

マイナビ看護師は、求人数が5万2000件以上とかなり多め。また、転職活動の役立ちコンテンツが充実していることが特徴です。

看護業界の最新ニュースがわかる「看護師ヘッドラインニュース」、自分の強みがわかる「自己PR診断」、自分に合う職場がわかる「職場発見診断」などコンテンツは様々。

マイナビ看護師_スクショ

転職活動に役立つコンテンツばかりなため、ぜひ使ってみてください。

マイナビ看護師の口コミ

担当者が丁寧だったという声が見つかりました。転職活動は不安なもの。親身にサポートしてもらえるのは嬉しいですね。
ぜひ以下のボタンから、マイナビ看護師に登録してみてください。

マイナビ看護師登録サイトへ

arrow

3位:ナースではたらこ

ナースではたらこ_公式イメージ画像

おすすめの転職サイト3位は、ナースではたらこ。すでに求人を出している企業に応募するだけではなく、自分が気になる医療機関へ逆指名をして応募できるのが特徴的。

ナースではたらこの担当者が面接の日程を決めたり売り込んだりしてくれ、自分で応募するよりも成功率が高くなります。ぜひ利用してみましょう。

ナースではたらこの評価

ナースではたらこ_グラフ

ナースではたらこは、利用者からの評判がかなり良かったです。また、志望動機や自己PRの例文がケース別に掲載されており、現職が忙しくなかなか転職活動に時間を割けない人も使いやすいこと間違いなしです。

ナースではたらこの口コミ

実際に転職が決まった人の声が見つかりました。かなりサクサク転職活動を進めることができるようです。

今すぐ転職したい、転職したい病院が決まっているという人はぜひ登録してみてください。

ナースではたらこ登録サイトへ

arrow

看護師は転職サイトを使わない方がいい!?真実は?

フリー_悩む女性

さて、ネットでは「看護師は転職サイトを使わない方がいい」という噂を目にしますよね。果たしてこの噂は本当なのでしょうか。

結論から言うと、半分正解で半分間違いです。

「看護師は一般転職用の転職サイトは使わないほうがいいが、看護に特化した転職サイトを使うべき」ということです。わかりやすく説明すると以下のようになります。

看護師_転職サイト_比較

看護師には、一般的な企業間の転職をする人が利用する大手の転職サイトを使うのは、オススメしません。看護師の求人が限定的だったり、アドバイザーが業界に詳しくなかったりするからです。

一方で、上の見出しで紹介したような*看護師向けに特化した転職サイトは、専門的なアドバイスをもらう事ができます。特化型の転職サイトを使いましょう。

続いての見出しで、看護師向けの転職サイトを目的別に紹介していきます。

目的別に選べる!看護師におすすめの転職サイト

目的別に特化した転職サイト

転職と一口に言っても、求める条件は人それぞれ。目的に合わせた転職サイトを使うことで、効率的に転職活動が進められます

TOP3の転職サイトとあわせて、目的別に特化した転職サイト1~2社登録しておくのがいいでしょう。

  1. 自分で積極的に進めたい
  2. 短い時間で転職活動を進めたい
  3. 働き方にこだわりたい
  4. まずは気軽に悩みを相談したい
  5. 口コミや評判が気になる

1つずつ詳しく紹介していきます。

①自分で積極的に転職を進めたいなら「看護roo!」

看護roo!_公式画像

自分から積極的に求人を探したい人にオススメなのが、「看護roo!」。
求人情報だけでなく、看護に役立つ情報や楽しめるコンテンツが豊富で、登録しておいて損ナシ。掲示板でお悩み相談や雑談もでき、ナースライフをまるごと応援してくれます。

看護roo!の評価

看護roo_グラフ

求人数が5万4000件以上と多く、求人の種類も幅広いのが魅力的。また、役立つコンテンツが非常に豊富で、実際に現場で使える看護知識や給与明細など眺めるだけでも面白いものばかり。

ぜひ登録してチェックしてみてください。

看護roo!の口コミ

看護roo!は、担当者が丁寧だという口コミが見つかりました。担当者から手厚くサポートを受けながらも自分でも探せるため、納得のいく転職先が見つかること間違いなしです!

ぜひ、以下のボタンから登録してみてください。

看護roo!登録サイトへ

arrow

②スピーディに転職活動を進めたいなら「ナース人材バンク」「Nsキャリア」

転職したいけど、時間の余裕がないあなたにおすすめなのが、「ナース人材バンク」と「Nsキャリア」です。1つずつ紹介していきます。

1.スピーディーに情報収集ができる「ナース人材バンク」

ナース人材バンク_公式画像

「ナース人材バンク」は専任のキャリアパートナーが個人についてくれるため、スピーディな情報収集ができます。

また、求人情報がかなり詳細に記載されているため、スピーディーだからといって「こんな情報知らなかった」とならないのです。

ナース人材バンク_グラフ

全体的に評価が高く、特徴的な機能がWEB上で病院見学ができること。写真やインタビューなどを通じてどんな会社なのかわかるため、ミスマッチが少なくなるのです。

ナース人材バンクの口コミ

全体的に「ナース人材バンクの担当者が優しい」という声が見つかりました。また、LINEで気軽に連絡が取れるという声も。

手厚くかつ親身なサポートが魅力なようですね。ぜひ、以下から登録してみてください。

ナース人材バンク登録サイトへ

arrow

2. 求人探しが素早くできる「Nsキャリア」

Nsキャリア_公式画像

「Nsキャリア」は、希望に合わせた「オーダーメイド求人」を作ってくれる転職サイトです。すでに絞られたリストから探すことになるので、サクッと求人探しができますよ。

Nsキャリア_グラフ

Nsキャリアは、オーダーメイドで自分にぴったりの求人を作ってくれますが、全体的に求人数が多いわけではありません。

一方で、コンサルタントの担当人数を限定しており、1人ひとりにしっかり時間をかけてカウンセリングしてくれるだけあって、評判は良いようです。

ぜひ、以下のボタンから登録してみてください。

Nsキャリア登録サイトへ

arrow

③働き方にこだわりたいなら「ホームケアライン」「なでしこナース」

「上司との関係が難しい」「夜勤が大変」といった声は、転職理由としてよく聞かれます。
そんな悩みを解決するために、働き方にこだわった求人を集めた転職サイトが「ホームケアライン」「なでしこナース」。

1つずつ紹介していきます。

1. 訪問看護・在宅看護なら「ホームケアライン」

ホームケアライン_公式画像

1つ目は、訪問看護・在宅看護の求人に特化した「ホームケアライン」です。自分に合う働き方として訪問看護・在宅看護を選んだ人の口コミが多数掲載されています

ホームケアライン_グラフ

訪問看護・在宅看護と言われてもイメージが湧かない人も多いはず。役立つコンテンツとして、実際に働いている方のコラムを載せており、自分の新しい選択肢の1つになりますよ。

また、求人を絞って紹介しているため、少しでも訪問看護・在宅看護に興味がある人は、ぜひ一度のぞいてみることをオススメします。

ホームケアライン登録サイトへ

arrow

2. 単発・スポット・非常勤の求人なら「なでしこナース」

なでしこナース_公式画像

2つ目が看護師の単発・パート求人に特化した「なでしこナース」。生活とのバランスをとって働きたいという人にオススメの転職サイトです。

なでしこナース_グラフ

単発・スポット・非常勤に特化した求人を掲載はしていますが、種類はその中でも様々。自分の今の状況に合わせた仕事選びができますよ。

復職を考えていて、いきなり常勤はハードルが高いという人などはぜひ登録してみてください。

なでしこナース登録サイトへ

arrow

④まずは気軽に悩みを相談したいなら「医療ワーカー」

医療ワーカー_公式画像

転職するかどうか迷っているという段階でも、とりあえず相談してみたい!に応えてくれるのが「医療ワーカー」。気軽にできるwebカウンセリングを実施しています。

医療ワーカー_グラフ

また、好条件の非公開求人を多数取り扱っており、質が高く豊富な種類の求人が集まっています。

相談をするのに加えて、質の高い求人も見つけられるため、ぜひ以下のボタンから登録してみてください。

医療ワーカー登録サイトへ

arrow

⑤口コミや評判をチェックしたいなら「看護プロ」

看護プロ_公式画像

転職先を選ぶ際、評判が気になる人も多いのではないでしょうか。「看護プロ」は口コミ・情報力にこだわり、内部情報に詳しいという強みがあります。

関東/東海/中部エリアに特化しており、該当地域の方はとても参考になりますよ。

看護プロ_グラフ

口コミ・情報かなり詳細に書かれた求人が多く集まっており、求人情報はトップレベル。自分では知れない内部の情報を入職前に知れるため、安心して転職ができますね。

ぜひ以下のボタンからダウンロードしてみてください。

看護プロ登録サイトへ

arrow

【看護以外へ転職】おすすめの転職サイト3選

おすすめの転職サイト

看護師としての人生ではなく、未経験でも一般企業へ就職したい人もいるのではないでしょうか。

そこで、看護師以外へ転職するときにオススメの転職サイトを3つ紹介します!

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. リクナビNEXT

順番にみていきましょう。

①信頼の実績と経験を誇る「リクルートエージェント(RECRUIT AGENT)」

リクルートエージェント_公式画像

リクルートエージェントは独自の求人を持っており、一般の求人サイトには載っていない非公開求人がなんと15万件以上もあるのです。

転職支援実績NO.1で、数々の転職活動を支援してきた実績があるため、未経験の方でも安心。登録して損はないサイトです。

ぜひ、以下のボタンから登録してみてください。

リクルートエージェント登録サイトへ

arrow

②20代の転職なら「マイナビエージェント(マイナビAGENT)」

マイナビエージェント_公式画像

マイナビエージェントは、20代に信頼されている転職エージェントNO.1。20代で看護業界から未経験の業界に飛び込むなら、マイナビエージェントがオススメです。

親身で手厚いサポートが魅力なため、未経験の業界に挑戦する方でも使いやすいこと間違いありません!
ぜひ、以下のボタンから登録してみてください。

マイナビエージェント登録サイトへ

arrow

③求人数NO.1の「リクナビネクスト(リクナビNEXT)」

リクナビNEXT_公式画像

リクナビNEXTは、自分から求人を探せる転職サイト。他の転職サイトと比べると、求人数が圧倒的に多く、自分の理想の条件でも求人が見つかります。

また、転職を成功をさせるために「グッドポイント診断」を使って自分の強みを見つけることもできます。

リクナビNEXT_グッドポイント診断

看護業界以外だと何が向いているのかわからない人も多いですよね。

自分の強みを見つけて、ミスマッチしない企業を見つけましょう。ぜひ、以下のボタンから登録してみてください。

リクナビNEXT登録サイトへ

arrow

看護師が転職サイトを使うメリットとは?

フリー_良い

看護師の転職活動は、転職サイトの利用がおすすめです。その理由は次の4つです。

  1. 希望条件に合わせて転職先を提案してくれる
  2. 転職のプロに相談できる
  3. 求人先とのやりとりなどを代行してもらえる
  4. 書類添削や模擬面接などのサポートを受けられる

1つずつ詳しく解説します。

①希望条件に合わせて転職先を提案してくれる

希望条件に合う求人提案

膨大な求人から、希望に合う求人を探すのは大変ですよね。転職サイトは、詳しく条件を設定して求人検索ができます。アドバイザーに相談して、求人を提案してもらうのもいいでしょう。あなたにぴったりの転職先が見つかりますよ。

②転職のプロに相談できる

転職のプロのアドバイス

転職サイトにて相談できるアドバイザーは、転職のプロ。看護師向けに特化したサイトだと、業界にも詳しく、考えてもみなかった勤め先を提案してもらえることも。有益な情報が手に入ります

③求人先とのやりとりなどを代行してもらえる

求人先とのやりとりを代行

いざ求人に応募するとなると、応募の手続きや面接の日程調整など、面倒なことも出てきます。転職サイトでは、面倒なやりとりを代行してくれることも。効率的に転職活動が進められます

④書類添削や模擬面接などのサポートを受けられる

内定まで手厚くサポート

転職する際、履歴書作成や面接といった選考が待ち受けています。転職サイトでは、書類添削・模擬面接を行ってくれるところも多く、内定まで手厚くサポートしてくれます

看護師が転職サイトを使うデメリットと対処法を伝授!

フリー_NG

転職活動をするうえで、転職サイトは役に立ちますが、注意点もあります。利用者から聞かれる転職サイトのデメリットと、その対処法を解説するので、ぜひ参考にしてください。

①担当者からの連絡が多い・しつこい

担当者からの連絡がしつこい

転職サイトでは、アドバイザーがついて、サポートしてくれる場合があります。その担当者からの連絡が多くてしつこい!なんて意見が聞かれます。

担当者には、連絡のペースを含め、自分がどのように転職活動したいのかをしっかり伝えましょう。それでも合わないと感じるなら、担当者を変えてもらったり、他の転職サイトを利用したりするのも手です。

②条件に合わない求人を紹介される

希望に合わない求人提案

希望条件を提示しているにも関わらず、担当者が合わない求人を紹介してくる、なんてこともあるようです。

提案力が低いアドバイザーは変えてもらうのも一案です。また、求人は自分で検索して探して、応募から内定までのサポートだけお願いするというのもいいでしょう。

使い方を工夫すれば、問題ありません。

看護師の転職サイト利用の流れ

利用の流れ

転職までの流れは、主にこの5ステップです。

まず、転職活動の準備を行います。具体的には、転職サイトの診断サービスを使ったり、自己分析したりして、自分がどんな仕事をしたいのか考えます。続いて、希望に合わせて求人を探しましょう

STEP3で行う応募書類の作成は、添削などのサービスを利用するのがおすすすめです。そして、応募・選考へと進みます。選考は主に書類や面接をもとに行われますので、面接練習をお願いするのもいいでしょう。

看護師が転職サイトを利用するコツ4選

フリー_スマホ スーツ

転職サイトを上手く活用し転職を成功させるには、次の4つのコツがあります。

  1. いくつかの転職サイトを併用する
  2. 自分の目的に合う転職サイトを利用する
  3. 転職先として譲れない条件を持つ
  4. 自分に合うアドバイザーを探す

1つずつ詳しく解説していきます。

①いくつかの転職サイトを併用する

転職サイトの複数利用

看護師向けの転職サイトは、それぞれサービスの特徴が異なるので、いくつかのサイトを併用すると効率的です。大手サイト1~2社、希望に合わせた目的別のサイトを1~2社ほど使うのがおすすめ。

②自分の目的に合う転職サイトを利用する

目的に合う転職サイトを利用

転職サイトごと、異なる強みを持っているため、自分のこだわりに合わせたサイトを利用するのが大事になってきます。働き方にこだわるのか、情報の詳細さにこだわるのか…希望に合わせて、本記事で紹介した転職サイトを活用してください!

③転職先に譲れない条件を持つ

譲れない希望条件を持つ

どの求人を選ぶかを考えるとき、転職先として譲れない条件を持っておくと、軸がブレずスムーズに決断できます。転職サイトの診断サービスを利用したり自己分析したりして、自身の希望を持っておきましょう。

④自分に合うアドバイザーを探す

信頼できるアドバイザーを探す

転職サイトを利用すると、心強いアドバイザーがサポートしてくれます。転職という大きな決断を支えてもらうのですから、自分が信頼できる人に担当してもらいたいですよね。

アドバイザーの質にはバラつきがあるので、合わない場合は担当者を変えてもらったり、利用サイトごと変えたりして、頼れるパートナーを見つけましょう

看護師で転職したいならサイトを利用しよう

転職には悩みや不安がつきもの。転職サイトでは、転職するかどうかという相談から気軽に聞いてもらえますし、サポートも充実しています。

求人を眺めてみるだけでも、やりたい仕事を考えるきっかけになり、価値がありますよ。まずは登録してみるのがおすすめです!

転職プラス編集部

転職プラス編集部