おすすめ転職エージェント・
サイトの専門メディア
search
HSBCの平均年収は1400万円|事業内容からおすすめな人まで徹底解剖
転職ノウハウ

HSBCの平均年収は1400万円|事業内容からおすすめな人まで徹底解剖

金融業界の年収は、ほかの業種に比べて高く設定されているところが多いですが、HSBCの年収も高水準です。HSBCの平均年収はどのくらいなのか、またHSBCの事業内容やHSBCが積極的に採用したい人物像について徹底解剖していきます。

HSBCの平均年収は?

HSBC平均年収

まずはHSBCの平均年収がどのくらいなのか、詳しく見ていきましょう。金融機関なら平均年収が1,000万円を超えるところも少なくありませんが、HSBCは同業他社と比べてどのくらいの年収なのか気になるところですね。

もっと読む

HSBCの平均年収は1400万円

HSBCの平均年収は1400万円

HSBCは1865年3月に香港で業務をスタートさせた老舗の金融機関です。今では、世界各地に拠点がある世界有数の企業に成長しています。

HSBCの平均年収は、年齢や肩書きにもよりますが約1,400万円。社員の年収の幅で見ると700万円〜2,000万円になります。新卒で入社しても700万円ほど、またマネージャークラスやそれ以上の役職になると2,000万円を超える人も出てきます。

もっと読む

年収は同業他社と比べて高い?

HSBC年収は同業他社と比べて高い?

HSBCの平均年収1,400万円は、金融の同業他社と比べてみるとそれほど高くはありません。金融機関でも年収がいい企業は、平均年収が1,000万円を超えるのは当たり前。外資系金融企業の場合は、結果を出せて肩書きがつけば、1億円を超える年収をもらう人もいます。

HSBCはアジアでも最大の金融機関ですが、その年収は金融業界の中でも平均くらいで、イメージされているほど高くはないといえます。

もっと読む

HSBCの会社概要

HSBC会社概要

HSBCは、国際的なニーズに対応する地方の銀行というコンセプトで誕生した銀行。最初に設立された銀行は香港にあります。しかし、今では世界に支店や関係会社を持つグローバルな企業に成長しました。

続いて、HSBCの会社情報について紹介します。

もっと読む

HSBCの基本情報

HSBC基本情報

HSBCを設立するときの発案者は、スコットランドのトーマス・サザーランドです。1865年3月に香港に銀行を設立、その1月後に上海に支店が設立されました。

その後もHSBCは成長を続け、20世紀の終わり頃から買収やグローバル化などにより、世界有数の金融グループへと発展。1990年代には、本拠地をロンドンに移しています。

現在日本には、東京と大阪に香港上海銀行、HSBC証券東京支店、日本法人HSBC投信日本法人の3つがあります。

もっと読む

HSBCの事業内容

HSBCの事業内容

HSBCの事業内容を詳しく説明します。HSBCが日本に進出してきたのは、1866年。横浜に支店を開設したのが始まりです。最も古い時代から日本で事業を行ってきた外資系金融機関の1つが、HSBCです。

もっと読む

①香港上海銀行(HSBC)

香港上海銀行(HSBC)

香港上海銀行(HSBC)は、日本の東京、日本橋にあります。1866年の横浜支店に続き、1869年に神戸、1872年に大阪、1896年には長崎に支店を開設。神戸より西では唯一の外資系銀行です。

主な取引先は貿易商で、外国為替やロンドン、上海、香港などでの外貨の売買をメインの業務とした特殊銀行です。その後東京支店と大阪支店以外は閉鎖しています。

もっと読む

②HSBC証券

HSBC証券

HSBC証券も東京、日本橋に拠点があります。HSBC証券は、香港上海銀行やHSBCアセットマネジメント株式会社と共に、国際的なネットワークを通して日本で金融サービスを提供している会社です。

もっと読む

③HSBC投信

HSBC投信

HSBC投信も同じく東京、日本橋にあります。1985年に設立。HSBCアセットマネジメントとして、個人投資家や機関投資家などを取引先にしています。投資対象は、債権や株式、バランス型など幅広く取り扱っています。

もっと読む

④HSBCサービ・シーズ・ジャパン・リミテッド

HSBCサービ・シーズ・ジャパン・リミテッド

HSBCサービ・シーズ・ジャパン・リミテッドも東京に拠点を置く会社です。HSBCグループは日本では評価の高い金融サービス会社で、外国のさまざまな金融誌で数多くの受賞歴があります。

もっと読む

あなたは転職できる?HSBCが求めている人物像

HSBC求める人物像

HSBCでは、金融グループ全体で人材を募集しています。新卒はもちろん、さまざまな経験を詰んだ人材を積極的に中途採用することも。

世界のマーケットにアンテナを張らせて働けるうえ、他の業種よりも年収が高く、社会的な地位も安定している金融業界。「金融業界で働きたい」「外資系金融機関に転職したい」と思う人は少なくありません。

HSBCに入社すれば、目標やニーズに沿ったトレーニングやオンライン学習を受け、成長に繋がる業務につけます。HSBCが求めている人物像について見ていきましょう。

もっと読む

HSBCの採用人数・採用大学

HSBCの採用人数・採用大学

HSBCの採用人数は公開されていません。しかし、大学や大学院の人向けの募集要項や、中途採用の募集要項などがあるため、一定の人数を常に募集しています。

中途の場合、職種やポジションはさまざま。人員を補充したい部門の募集要項が開示されるので、HSBCへの入社を考えている人は定期的に公式サイトをチェックしましょう。採用されやすい大学などはありませんが、新卒では卒業大学を重視される場合があります。

もっと読む

HSBCが求めているスキル・経験

HSBCが求めているスキル・経験

HSBCの企業理念は、「多様性のある考え方や視点、文化を受け入れること」。性別や国籍、年齢、障がいの有無、宗教などで人を判断したり差別したりすることなく、敬意と尊厳を持って1人1人と向き合うよう、従業員に指導しています。

そのため、広い視野をもち、多様なバックグラウンドを持つ人を受け入れる体制ができているのが特徴です。このHSBCバリューを理解し、行動できる人が求められます。ここからは、具体的なスキルについて紹介します。

もっと読む

①3〜10年の実務経験

3〜10年の実務経験

職種や役職により、必要な経験年数は異なりますが、中途採用の場合、3〜10年程度の実務経験がある人が好ましいとされます。金融業界以外でも職務経験は、一定年数ある方が良いでしょう。

日本の金融機関での職務経歴や、他社の外資系金融での勤務などの経験があるとより有利といえます。詳しい応募条件は、職種によって違うのでHSBCのリクルート情報から応募したい職種を選んでチェックしましょう。

もっと読む

②コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルも、重要視されるポイントです。HSBCグループのような世界各地に支店があるグローバル企業の場合、働いている人の国籍や年齢、宗教などはさまざま。入社後、人事異動で海外の支店に駐在する可能性もあります。

どんな職場でどんな同僚ともよい関係で仕事ができる、また、顧客に対しても豊富な知識や専門性、視点を活かし、高いコミュニケーション能力で、深い信頼関係を築けるような人が求められます。

もっと読む

③語学力

語学力

外資系企業で働く場合、語学力も必要です。HSBCでは、英語、日本語共に意思疎通ができるレベルの語学力が求められます。日本の支店の勤務を希望する場合でも、社内や顧客とのやりとりで英語が必要なケースも多数あるため英語は必須。

HSBCへ転職を考えている方は、スキルアップだけでなく、英語の勉強もしましょう。オンライン英会話でビジネス用語を学んだり、TOEICを受けたりして、自分の語学力がどの程度か把握することをおすすめします。

もっと読む

④向上心

向上心

HSBCをはじめ、外資系企業では向上心を求められるケースが少なくありません。自らやるべき業務を見つけ、仕事を通して自己が成長できる学びを見つけられる方は、入社後もキャリアアップする機会をどんどん掴めるはずです。

もっと読む

HSBCに合う人物

HSBCに合う人物

HSBCに合う人物は次のようなスキルを持っている方です。

  • 証券会社や金融業界での経験がある
  • 語学に堪能である
  • 向上心がある

証券会社や金融関係での経験がある場合、HSBCで歓迎されます。日本の企業でもOK。また、語学が堪能な方も、HSBCで様々な国籍の人と働ける強みです。同じように向上心のある方もHSBCで歓迎されます。

もっと読む

HSBCに転職するなら|おすすめ転職エージェント

HSBCおすすめ転職エージェント

HSBCの転職を狙うなら、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントでは、一般公開されていない求人情報も多数。HSBCの中でも、より条件の良い求人が見つかるかもしれません。

転職エージェントによって抱えている求人情報は違うので、複数の転職エージェントを登録しましょう。登録や転職エージェントの利用は無料です。

もっと読む

①ビズリーチ

ビズリーチ_公式画像

ビズリーチは、ハイクラス向け転職エージェント。登録するだけで、優良企業や一流のヘッドハンターからスカウトが届きます。経営幹部や管理職など、スキルの高い人向けの求人が多数。3分の1以上は年収1,000万円以上の求人です。

企業はビズリーチにより厳選された企業17,100社、またヘッドハンターは一定の基準を満たした優秀な人のみで5,100人以上在籍しています。

ヘッドハンターがビズリーチに載せている求人に応募し、サポートを受けることも可能なので、HSBCへの転職を考えている方は登録し、サポートを受けてみましょう。

もっと読む

②JACリクルートメント

JACリクルートメント_公式画像

JACリクルートメント は、30〜50代向けの管理職や役員、技術職などの求人を多く扱う転職エージェント。ハイクラス、ミドルクラス転職の顧客満足度4年連続No.1に輝いています。転職支援43万人の豊富な実績もあるので、安心して相談可能。

手厚いサポートを受けながらHSBCへの転職活動を行いたい方におすすめの転職エージェントです。

もっと読む

③KOTORA(コトラ)

コトラ_公式画像

金融やコンサルなどのハイクラスな転職情報が掲載されているKOTORA。会員登録をすれば、気になる求人情報を詳しくチェックできます。コンサルタントに相談したり、自分にあう仕事を紹介してもらったりすることも可能です。

金融業界に特化したコンサルタントから転職サポートを受けたい方は、KOTORAに登録することをおすすめします。

もっと読む

HSBCに転職するコツ

HSBC転職のコツ

HSBCの求人に応募するときのポイントをお伝えします。企業の求めるスキルを持っているだけでは、採用されません。採用担当者に自分を印象付け、入社したら会社の戦力になると思わせることが大切。

面接までにしっかり対策を取りましょう。2つのポイントを説明します。

もっと読む

①企業分析を的確に行う

企業分析を的確に行う

企業分析は綿密に行いましょう。「なぜHSBCに入社したいのか」ということが、採用担当者が最も知りたい情報です。同業他社との違いを聞かれることもあります。

応募した人の真剣度が見られるので、自分なりにHSBCをしっかり調べ、説明できるようにしましょう。

もっと読む

②自分自身の強みをアピール

自分自身の強みをアピール

自分の強みもいえるようにしましょう。今までの経歴から得たスキルや、学んだことをHSBCでどう活かせるのかなどを説明できると良いです。

もっと読む

HSBCは世界に支店のある外資系金融会社

HSBCは世界に支店のある外資系金融会社。日本にも銀行や証券会社などの支社があります。年収は金融機関としては平均程度ですが、多様性を尊重した社風で伸び伸びと働けます。

さまざまな職種で人材を募集しているので、スキルを活かせる仕事があったらぜひ応募してみてください。

もっと読む
転職プラス編集部

転職プラス編集部