おすすめ転職エージェント・
サイトの専門メディア
search
ゴールドマンサックスの年収は2000万!?年代別年収・高いワケまで徹底解剖
転職ノウハウ

ゴールドマンサックスの年収は2000万!?年代別年収・高いワケまで徹底解剖

ゴールドマンサックスの年収が気になるという人も多いのでは?ゴールドマンサックスは、金融業界の中でもトップクラスの証券会社。世界的に知名度も高く、年収もトップクラスレベルです。
この記事ではゴールドマンサックスの年収事情について、詳しく紹介します。

【新卒・中途】ゴールドマンサックスの平均年収・給与

ゴールドマンサックス_年収

ゴールドマンサックスの年収は一般公開されていませんが、業界トップクラスを誇るだけあり、同業他社に比べ破格です。平均年収は約2,000万円程度といわれています。

給与体系は年俸制で、成績に応じボーナスも付与。勤務年数による日本的な年功序列はなく、実力や実績によりポジションが判断され年収が査定されます。

もっと読む
ゴールドマンサックスのポジション
  • アナリスト:新卒スタートポジション

  • アソシエイト:基本的業務のスタート

  • ヴァイスプレジデント(VP):係長・課長的ポジション

  • マネージング・ディレクター(MG):部長クラスポジション

また、サービス提供など直接利益をだす部署であるフロントオフィスか、組織をまとめ間接的に利益に寄与する部署であるバックオフィスかにより異なります。

もっと読む

新卒|1年目の平均年収は約900~1,500万円

フリー_お金

ゴールドマンサックスの新卒、1年目の平均年収は約900~1,500万円程度とされています。ゴールドマンサックスに新卒で入社した場合、2~3年間はアナリストとして業務につきます。

一般企業の平均年収に比べ、1年目からトップクラスの年収が提示されています。

もっと読む

年代別|平均年収・給与

基本的に年代によって年収が上がることはなく、実力・成果主義で年収が査定されます。ただし、自分の年齢でどのくらいの年収をもらえるのか気になりますよね。ここでは、年代別の平均年収を見ていきましょう。

まず、30代はアナリストやアソシエイトから昇進する時期のため、年収がアップする時期です。

  • 30代の平均年収:約1,500~2,000万円程度

ただし実力・成果主義のため、人事評価も「昇進or解雇」という2択というハードな世界です。30代で社内に残れる人は、優秀な人材の証でもあります。

  • 40・50代の平均年収:約1,800~2,500万円程度

40代や50代はリーダー的ポジションにつきます。独立や転職を考える年代です。

もっと読む

ゴールドマンサックスはどんな会社?

ゴールドマンサックス_年収

冒頭では、ゴールドマンサックスの年収を見てきましたが、そもそもゴールドマンサックはどんな会社なのでしょうか。

ゴールドマンサックスは、グローバルに展開している米国系金融グループ。金融サービス事業は多岐にわたり、業界でもトップクラスの実績を誇っています。

同業他社では、バンクオブアメリカ・JPモルガン・モルガンスタンレーなどがあげられます。

もっと読む

会社情報

ゴールドマンサックス_公式画像

ゴールドマンサックスは世界でもトップクラスの証券会社。ニューヨークを本拠地とし、1869年に創業しました。日本法人の所在地は東京港区六本木です。

証券業務・投資銀行業務・資産運用業務・不動産業務を中心に、金融機関や企業、政府機関、富裕層に向け幅広い金融サービスを提供。新卒採用、定期的に中途採用も実施しています。

経済系出身者だけでなく、理系などさまざまな分野の出身者を積極的に採用しています。

もっと読む

ゴールドマンサックスがブラックって本当?

ゴールドマンサックスは、ハイレベルな年収で知られています。給与体系は、残業代や休日手当などもすべて含まれた年俸制で査定されるため、年収が高くなります。

高年収である分、長時間労働やハードワークがデフォルトだと思われ、ブラックだと言われる所以です。

もっと読む
reviewer
仕事が忙しく、ブラック
star
star
star
star
star
star
star

長時間労働は当たり前で、朝から深夜まで働いていることも当たり前。基本的に、仕事が中心になる。

ゴールドマンサックスでは、労働環境改善として深夜残業の時間調整なども実施。

また、福利厚生のなかに「住宅借り上げ」という、社員の住宅を借り上げる制度があります。家賃分を給料から天引きし、高収入の所得税や住民税の負担を減らします。

もっと読む

ゴールドマンサックスで求められる4つのポイント

ゴールドマンサックス_人材

ゴールドマンサックスは、金融業界での経験を積んだ優秀な人材を中途採用しているケースが多く見られ、即戦力として活躍できる人材が求められています。

ここでは、下記4つのポイントについて詳しく解説していきます。

  1. 語学力
  2. リーダーシップ
  3. 主体性
  4. 協調性
もっと読む

①語学力

フリー_エージェント

日本語のほかに、英語力は必須とされます。ビジネス英語レベルのリーディング・ライティング・コミュニケーション能力が求められます。

顧客中には海外の企業も多く、海外向けの資料作成や、英語で交渉することも多々。また外資系企業なので、システム管理やコンプライアンス研修などが英語形態で行われています。

もっと読む

②リーダーシップ

フリー_仕事

ゴールドマンサックスでは、チームをひとつにまとめられるリーダーシップ精神が必要。チームでの作業が多いので、多くの利益と成功を生み出すには、各担当に適切な指示を与えられるリーダーがポイントになります。

優秀なサポーター的ポジションも重要ですが、すべてを俯瞰で見て冷静な判断ができる人材が求められます。

もっと読む

③主体性

フリー_成功

ゴールドマンサックスでは、実力が結果につながります。自身の能力をいかに発揮できるかがポイントになります。そのため、自分のビジョンをしっかり説明できる主体性を重視。

言われるがままの受動型な人材よりも、能動的に作業や会議に参加できる人材は、顧客サービスで利益を生み出します。

もっと読む

④協調性

フリー_コミュニケーション

ゴールドマンサックスでの業務はチームで達成する作業が多いので、協調性がある人材が求められます。個々でも優秀な人材ですが、チームとして協力すれば、さらに優秀な集団として活躍できるためです。

また、フロントオフィス・バックオフィスとの協調性がとれれば、作業も円滑に進みます。

もっと読む

ゴールドマンサックスへの転職|おすすめ転職エージェント

ゴールドマンサックス_おすすめ

ゴールドマンサックスのようなハイレベルな収入を提示される企業に転職する際は、ハイクラス向けの転職エージェントがおすすめです。

  1. ビズリーチ
  2. JACリクルートメント
  3. iX転職

順番に見ていきましょう。

もっと読む

①ビズリーチ

ビズリーチ_公式画像

ビズリーチは「年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo. 1」で知られる、ハイクラス向け転職エージェントです。

厳選された登録求人者に、企業が必要としている人材に直接コンタクトを取りスカウトする、ヘッドハンティング型。自身の経歴を登録し事前審査され、企業から直接スカウトされるので、仲介者も挟むことなく進められます。

もっと読む
ペルソナ_ビズリーチ_図解

ビズリーチは、ハイクラスな年収やキャリアを積んだ30代からの転職成功率も高いことが特徴。現状のキャリアよりもさらに上の年収を目指す人にもおすすめです。

もっと読む

②JACリクルートメント

JACリクルートメント_公式画像

JACリクルートメントは、特に海外転職や外資系企業を希望する求人転職エージェントです。イギリスで創業された転職エージェントなので、グローバルで活躍したい人にはおすすめ。英語力を活かした、日系大手企業や外資系企業などの転職説明会も開催されています。

もっと読む
ペルソナ_JACリクルートメント_図解

転職希望者の中でも、30~50代の課長やマネージャークラスの管理職や、技術職・専門職などのハイキャリアな人材の転職成功率が高いことで知られています。

専門知識の高いコンサルタントが成功の鍵になります。

もっと読む

③iX転職

iX転職_公式画像

iX転職は、年収800~2,000万円の転職サービスを提供。インターネットで手軽にハイクラスな転職活動ができます。

もっと読む
ペルソナ_iX転職_図解

自身のキャリアを登録するとスカウトメールが届きます。求人企業は外資系企業や大手日系企業、大手上場企業などが紹介されています。

また、経験豊富なヘッドハンターによる無料転職相談を実施。優秀なヘッドハンターが、キャリアアップはもちろんですが、年収アップを考えている人におすすめです。

もっと読む

他のおすすめ転職エージェントを詳しく知りたい方は、以下の記事もチェックしてみてください。

もっと読む

ゴールドマンサックスへの転職|成功させるコツ

ゴールドマンサックス_コツ

ゴールドマンサックスへの転職は難易度が高めです。転職への基本的な条件は、大卒以上、希望する職種の業務を3~5年の実務経験が必要です。

ここでは、ゴールドマンサックスへ転職する際のコツを見ていきましょう。

  1. 企業分析をしっかりと
  2. 自分自身の強みをアピール
もっと読む

①企業分析をしっかりと

企業分析を的確に行う

ゴールドマンサックスへの転職は、必要とされている人材が何かをしっかり分析することがポイントになります。業務に関係する資格やスキルを取得していると転職に有利になります。

パソコン操作は必須事項で、特にエクセルソフトの扱いは重要。数学的知識、金融サービスの知識、証券アナリストの資格が必要な部署もあります。

また、金融業界での転職は同業他社に移動することが多いので、人脈を利用することもポイントのひとつです。

もっと読む

②自分自身の強みをアピール

自分自身の強みをアピール

ゴールドマンサックスへ転職するは、自分自身のキャリアや実績を強くアピールしましょう。実務経験のほかに、担当した企業の実績や経歴、言語能力が高いことも強みになります。

グループで達成する作業が多いので、協調性はもちろん、リーダーとしての主体性もあればさらにプラスに。また、過去にどのような顧客がいたかも大切なアピールポイントになります。

もっと読む

ゴールドマンサックスへの年収は高い

ゴールドマンサックスは年収が高いことで知られています。年収が高いだけに業務内容はハードで、結果が求められる実力主義でもあります。

ゴールドマンサックスへの転職を目指すなら、自身のアピールポイントを明確にし、転職サイトもうまく活用していきましょう。

もっと読む
転職プラス編集部

転職プラス編集部