おすすめ転職エージェント・
サイトの専門メディア
search
富士フイルムの平均年収は970万円!事業内容・おすすめ転職エージェントを紹介
転職ノウハウ

富士フイルムの平均年収は970万円!事業内容・おすすめ転職エージェントを紹介

総合化学メーカーの富士フイルムは、転職希望者の間で人気の企業です。他社と比較して平均年収はどの程度か、どのような内容の求人があるかを見ていきましょう。転職を成功させるためには、編集部が厳選した、信頼できる転職エージェントの利用をおすすめします。

富士フイルムの平均年収・平均年収の推移

富士フイルム平均年収の推移

富士フイルムホールディングス株式会社が、2021年6月30日に関東財務局長に提出した有価証券報告書によると、2021年3月31日現在の平均年収は9,701,348円です。

もっと読む

出典:有価証券報告書

もっと読む

ただし、この数字は富士フイルムの持ち株会社に勤務する社員633名の平均年収であり、グループ企業は職種によって平均年収が異なります。

dodaの業種別平均年収ランキングによると、メーカーの平均年収は455万円で、富士フイルムは約500万円上回っています。

もっと読む

出典:doda

もっと読む

富士フイルム|平均年収の推移

富士フイルム平均年収の推移

富士フイルムホールディングス株式会社が過去に公開した有価証券報告書によると、平均年収の推移は以下の通りです。

・2016年…1,070万円
・2017年…1,046万円
・2018年…971万円
・2019年…997万円
・2020年…1002万円
・2021年…970万円

年によって多少の増減はありますが、富士フイルムの平均年収は、おおむね1,000万円前後で推移しています。

同じく富士フイルムの決算業績概要を見ると、2021年3月期は売上高21,925億円に対し営業利益1,655億円で、営業利益率は7.5%。4年前の2017年3月期は売上高23,222億円、営業利益1,723億円、営業利益率7.4%であり、景気変動を受けにくく、安定した業績を維持しています。

もっと読む

富士フイルム|企業の基本情報

富士フイルム企業の基本情報

富士フイルム株式会社は、1934年に写真用フィルムの製造会社として設立されました。1962年に世界的印刷機器メーカーの英国法人、ランク・ゼロックス社との合弁企業・富士ゼロックスを設立して以降、海外進出にも積極的です。

2000年頃からフィルム製造技術を活用した多角化経営を実施。現在は、化粧品やサプリメントを製造・販売する「ヘルスケア」、医療機器・法人向けの「マテリアルズ」「イメージング」の3領域で事業展開する、総合精密化学メーカーです。

2006年10月には、富士フイルムホールディングス株式会社に社名変更を行い、持株会社体制に移行し、中核企業の富士フイルム株式会社は完全子会社となりました。富士フイルムホールディングスの株式は東証一部に上場しています。

もっと読む

富士フイルムの年収|競合と比較

富士フイルム競合との年収比較

富士フイルムの年収を、代表的な競合他社であるキヤノン株式会社およびオリンパス株式会社と比較しました。いずれも映像機器や半導体を製造する精密機器メーカーであり、グローバルに事業展開する点も富士フイルムと共通しています。

  • キャノン 744万円
  • オリンパス 869万円

キヤノンの2020年・第120期有価証券報告書によると、平均年間給与は7,449,670円。従業員数は25,713人、平均年齢は44.4歳、平均勤続年数は19.7年で、いずれもパートタイマーや期間社員を含みます。

もっと読む

出典:有価証券報告書

もっと読む

オリンパスが公表した2021年3月期・第153期の有価証券報告書には、平均年間給与は8,693,471円と記載されています。従業員数4,775人、平均年齢42.79歳、平均勤続年数14.41年。この数字は社外への出向者を含まず、出向受入者を含みます。

もっと読む

出典:有価証券報告書

もっと読む

職種により条件が異なるため単純比較はできませんが、富士フイルムの平均年収は970万円であり、キヤノンを約225万円、オリンパスを約100万円上回ります。

もっと読む

富士フイルムへの転職|実際の求人

富士フイルム実際の求人

実際の富士フイルムの求人を、大手転職サイトのdodaに記載された情報から紹介します。

富士フイルムの求人情報としてまず挙げられるのは、海外マーケティング・事業企画を担当する海外駐在候補の正社員です。想定年収は500万円~900万円、年間休日は123日で、各種社会保険や手当も完備されています。

次に取り上げるのは、生産需給管理を行う正社員の求人です。応募にはSCM及び需給業務経験、TOEICテスト750点以上が求められます。予定年収は500万円~750万円で、年間休日日数は123日。勤務地は東京ミッドタウン本社であり、転勤予定は当面ありません。

もっと読む

富士フイルムへの転職におすすめの転職エージェント

富士フイルムおすすめ転職エージェント

富士フイルムはグループ企業と職種が多岐に渡るため、求人数も膨大です。転職活動を行う際は、信頼できる転職エージェントを使うことをおすすめします。

もっと読む

①リクルートエージェント(RECRUIT AGENT)

リクルートエージェント_公式画像

リクルートエージェントは、約10万件の非公開求人情報を持つ、日本最大級の転職エージェント。富士フイルムとグループ企業の求人情報も数多く掲載されており、希望する職種が見つかるでしょう。

リクルートエージェントの特徴は、転職希望時期や希望勤務地など、転職希望者のニーズに沿った求人情報を紹介してくれること。書類添削や面接対策、現在の職場との退職交渉もサポートしてくれ、転職経験が少なくても安心して利用できます。

富士フイルムの非公開求人が登録される可能性もあるため、転職を思い立ったらリクルートエージェントへの登録をおすすめします。

もっと読む

②doda(デューダ)

doda_公式画像

dodaは転職希望者の満足度が高い転職エージェントで、求人数はリクルートエージェントに次いで多い約10万件です。希望する勤務地や職種、年収や条件といった詳細なスクリーニング検索機能で求人情報を探せます。

dodaの機能をフル活用するには会員登録が必要ですが、未登録でも検索の利用が可能。dodaで富士フイルムの求人を検索すると、職種や勤務地を問わず、多くの情報が表示されます。

また、チャットによる専任スタッフの回答や転職イベント・セミナーの開催など、充実したサポートもdodaの特徴。転職活動の進め方など、転職希望者に役立つ情報もWeb上に掲載されています。

もっと読む

③パソナキャリア(PASONA CAREER)

パソナキャリア_公式画像

パソナキャリアは、オリコン顧客満足度調査にて、4年連続満足度No.1の転職エージェント。求人数が約4万件と比較的少ないかわりに、富士フイルムのようなハイクラスの企業を多く取り扱っています。

インターネット上の口コミでも、「紹介求人の質が高く、多い。地方やニッチな職種を目指す人におすすめ」という意見が見られました。ほかの転職エージェントに掲載されない富士フイルムの求人情報が紹介される可能性も。

パソナキャリアは創業以来、女性の転職希望者支援にも力を入れており、富士フイルムへの転職を目指す女性にも最適です。

もっと読む

富士フイルムは3つの領域で活躍している会社

富士フイルムは「ヘルスケア」「マテリアルズ」「イメージング」の3領域で活躍する、日本を代表する総合化学メーカーです。

平均年収は高く、転職希望者には高いスキルと実績が求められます。転職エージェントのサポートを受けながら、富士フイルムへの転職を実現しましょう。

もっと読む
転職プラス編集部

転職プラス編集部