おすすめ転職エージェント・
サイトの専門メディア
search
27歳の平均年収・月収は?年収アップの方法から目指すべき業界まで解説
転職ノウハウ

27歳の平均年収・月収は?年収アップの方法から目指すべき業界まで解説

27歳は、社会人としての生活や仕事に慣れて、会社でも中堅社員として扱われ始める時期です。昇進する人も出て、給与の差が出てくる場合もあります。
そんな27歳の気になる平均年収と、年収アップの方法、転職で目指すべき業界について紹介します。

この記事の結論_「27歳年収」

27歳の平均年収・月収はいくら? 

27歳_平均年収・月収

20代後半になると、結婚などのライフプランについて検討をはじめる人もいます。また、周囲が結婚しはじめてお祝いなどの出費が増えることから、将来に向けて貯蓄の必要性を考え始める時期でもあります。

27歳の平均収入と自分の収入を比較することで、今後のキャリアプランを立てることが可能に。つまり、収入アップのための行動にうつるのに、27歳は最適な時期なのです。それでは、まず27歳の平均年収から見ていきましょう。

もっと読む

25〜29歳の平均年収・月収 

平均年収 中央値 手取り額(月額)
25~29歳 382万円 350万円 25万円
すべて見る

2020年のdodaの調査によると、27歳の平均年収は382万円です。

平均収入は全国すべての地域に居住する人の収入の平均値。居住地が都市部かどうか、一人暮らしか実家暮らしかなどにより、生活に必要な費用や家賃は異なります。

そのため、自分の収入が平均収入を超えているからといって、生活水準が高いと一概に判断することはできません。

もっと読む

参考:doda平均年収ランキング

もっと読む

25〜29歳の平均年収の中央値 

27歳の年収事情_中央値

続いて、27歳の平均年収の中央値について説明します。2012年のdodaの調査では、27歳の平均年収の中央値は350万円です。中央値とは、すべての人の平均年収を少ない金額から順に並べ、ちょうど真ん中にくる金額を取り出したもの。

平均値は調査対象の給与を合計して人数で割ったものなので、飛び抜けて高収入の人がいると数値が上昇します。そのため、中央値のほうが、より一般的な27歳の収入がわかるのです。

もっと読む

25〜29歳の平均年収の手取り額 

27歳の年収事情_手取り

給与の手取り額とは、支給される給与の額面から、社会保険料などを差し引いた後の金額です。一般的に、給与の2割程度を差し引いた金額が手取り額だと考えられます。

そのため、27歳の平均年収である382万円の手取り額は、約305万円。つまり、月々の手取り額は25万円程度ということです。

しかし、年収にボーナスやインセンティブが含まれる給与形態の場合には、月々の手取り額は25万円よりも少なくなるでしょう。

もっと読む

男女別|25〜29歳の平均年収 

25~29歳 男性 女性
平均年収 407万円 350万円
すべて見る

続いて、27歳の平均年収を男女別に見ていきましょう。現代の日本においては、男女間の給与格差が大きな社会問題となっています。

男女ともに、正規雇用のほうが非正規雇用よりも収入が多い傾向にあるのも事実。また非正規雇用では、勤続年数が長くなっても時給が上がりづらいなどの問題があるのです。

雇用形態による格差は給与面だけでなく、正規雇用では福利厚生が充実しており、非正規雇用では福利厚生面でのメリットが少ないのが一般的です。

もっと読む

男性 

27歳の年収事情_男性

2020年dodaの調査では、27歳男性の平均年収は407万円。この調査では26歳男性の平均年収が385万円、28歳男性の平均年収が421万円との結果が出ています。20代後半の男性は、毎年順調に昇給していることが確認できます。

男性の年収が男女を合わせた年収よりも高いことには、専門職や管理・企画職、技術職など給与が高い職種への就業割合が女性よりも高いことが関連していると考えられます。

もっと読む

参考:doda平均年収ランキング

もっと読む

女性 

27歳の年収事情_女性

男性と同じ調査によると、27歳女性の平均年収は350万円です。同じ27歳の男性の平均収入に比べて57万円低い結果で、男女間の収入格差が浮き彫りとなっています。

経年による収入の伸び率も男性に比べて女性の方が低いのも特徴。女性の平均収入が男性に比べて低いことには、いくつかの理由があります。男性よりも非正規雇用として働く女性が多いことがその一因です。

また、結婚や出産といったライフステージの変化により、就業の継続が難しくなるケースも多いと考えられます。

もっと読む

27歳は年収アップに挑戦すべき 

27歳_年収アップを目指すべき

かつて終身雇用制度が一般的だった日本ですが、近年ではキャリアアップや収入アップのための転職が広く受け入れられはじめました。なかでも20代は、転職市場での価値が非常に高いのが特徴。

また、20代後半になると今後の人生について真剣に考える必要性も出てきます。27歳が年収アップに挑戦すべき年齢であることについて、3つのポイントを紹介します。

  • 20代は転職しやすい 
  • 交際費など急な出費に備える 
  • ライフイベントを考え始める 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

もっと読む

①20代は転職しやすい 

20代は転職市場で需要が大きい

20代後半は、一定の社会人経験を積み、スキルもついています。さらに年齢が若いので、さまざまな業界や企業で活躍ができる柔軟性があり、今後の伸び代も期待されています。

そのため、企業側のニーズが高いのが20代後半での転職市場の特徴。20代向けの求人では未経験でも歓迎する企業が多いので、需要が大きい20代のうちに実行に移すのが得策なのです。

もっと読む

②交際費など急な出費に備える 

急な出費に備えて貯蓄が必要

20代後半になると、結婚する人が増え始めます。親しい友人の結婚はおめでたいことですが、結婚式への出席が続くと、お祝いなどの出費がかさむのが現実です。

急な出費に対応するには、ある程度の貯蓄があるのが望ましいもの。友人のお祝いをしたために、自分の生活がひっ迫してくるようでは困ってしまいます。

また、社会人としての経験を積んで交友関係も広くなる20代後半では、飲食代などの交際費もだんだんとかさみ、収入アップの必要性を感じることになるのです。

もっと読む

③ライフイベントを考え始める 

ライフイベントに備えて貯蓄が必要

27歳になると、結婚について考えはじめる人も出てくるでしょう。

結婚の際には挙式代、妊娠後には出産費用、子供が生まれると子育て費用が発生します。また、子供が成長すると教育費もかかります。さらには、老後の資金も必要に。

現代ではシングルとして過ごすことを決める人も増え、ライフプランの選択肢は広がってきています。しかし、どんなライフプランを選択したとしても、将来に備えることの重要性は変わりません。そのため、27歳は収入アップを検討しはじめるのに最適な時期なのです。

もっと読む

27歳で年収をアップさせる3つの方法 

27歳_年収を上げる方法

27歳で年収をアップさせたいなら、早めに取りかかるのがおすすめです。年収アップのためには、時間と努力を要し、長期的な視点で取り組む必要があります。

若いうちは体力と気力が充分にあるので、年収アップのための行動にも積極的に取り組めるでしょう。27歳で収入をアップさせる3つの方法を紹介します。

  • スキルアップや資格取得する 
  • 副業を始める 
  • 給与条件がよい仕事に転職する 

1つずつ詳しく見ていきましょう。

もっと読む

①スキルアップや資格取得する 

給料UPの方法_スキルアップや資格取得

今の仕事を続けながら収入をアップさせるには、スキルアップ資格を取得するのがおすすめ。27歳になると後輩も増え、リーダー的な役割を任せられる機会も出てきます。

社内で昇格すれば、昇給が期待できますよ。社内の評価基準を確認し、評価に反映される仕事の進め方を心がけてください。

もっと読む

②副業を始める 

給料UPの方法_副業を始める

現職を続けながら収入を増やすには、副業をはじめるのもよいでしょう。近年では副業を許可する企業も増加したため、多くの人にとって取り入れやすい収入アップの方法です。

平日の夜や週末など、空いた時間で副業をはじめると、時間を効率的に使う習慣がつくのもメリット。本業に支障が出ては本末転倒なので、無理のない範囲ではじめてください。

クラウドソーシングサービスの利用や、趣味を活かした副業がおすすめです。

もっと読む

③給与条件がよい仕事に転職する 

給料UPの方法_転職する

現在の仕事で給与アップのキャリアプランが描けないケースでは、転職を視野に入れるのもひとつの手です。給与条件がよい仕事へ転職すれば、年収アップが狙いやすくなります。

また、残業が少ないなど労働条件がよい仕事に変えることで、空き時間で副業をはじめやすくなるメリットも。働くことのメリットは支払われる給与だけで決まるわけではありません。

しかし、労働に対する正当な対価が支払われていないと感じる場合には、自分をより評価してくれる会社に転職するとよいでしょう。

もっと読む

27歳の年収アップにおすすめの転職エージェント4選 

27歳_おすすめの転職エージェント

27歳で年収アップを目指して転職するなら、転職エージェントを活用しましょう。転職エージェントごとに強みが異なるので、まずは3社程度に登録するのがおすすめ。

転職活動をサポートしてくれるキャリアアドバイザーとの相性や、扱う求人の傾向などを見極め、メインとして利用する転職エージェントを決めたいですね。

もっと読む
おすすめの転職エージェント4選
  1. リクルートエージェント(RECRUIT AGENT) 

  2. マイナビエージェント(マイナビAGENT) 

  3. doda(デューダ) 

  4. ビズリーチ(BizReach) 

1つずつ詳しく解説していきます。

もっと読む

①リクルートエージェント(RECRUIT AGENT) 

リクルートエージェント_公式画像

リクルートエージェントは、業界最大手のリクルートが運営する転職エージェントです。過去の転職支援実績が豊富なので、初めて転職エージェントを使う人でも安心。

リクルートエージェントでは、公開求人だけでなく、好条件での転職が期待できる非公開求人を10万件も保有しているのが特徴です。

幅広い業界の求人を扱うので、転職活動をはじめるときには、まずリクルートエージェントに登録するのがおすすめです。

もっと読む
ペルソナ_リクルートエージェント_図解

②マイナビエージェント(マイナビAGENT) 

マイナビエージェント_公式画像

マイナビエージェントは、転職支援サービス大手のマイナビグループが運営している転職エージェント。20代向けの求人が豊富です。

専任アドバイザーがそれぞれの人に最適な転職を紹介してくれ、転職活動中も手厚いサポートが受けられるのが特徴。

20代の約半数が転職で年収アップの実績があるので、年収を上げるための転職活動の際には、ぜひ利用してみましょう。

もっと読む
ペルソナ_マイナビエージェント_図解

③doda(デューダ) 

doda_公式画像

doda(デューダ)は、転職エージェント機能もある転職支援サービス。非公開求人を含む10万件の求人の中から、スキルや経験を考慮した最適な求人の紹介が受けられます。

登録した情報を見て、直接企業からオファーが届くスカウトサービスもあるので、実績に自信がある人はスカウトサービスも利用してみましょう。

求人探しから内定後の入社時期の調整まで、専門スタッフによるトータルサポートが受けられますよ。

もっと読む
ペルソナ_doda_図解

④ビズリーチ(BizReach) 

ビズリーチ_公式画像

ビズリーチは、企業やヘッドハンターからのオファーが直接届く仕組みを採用した転職支援サービスです。キャリアアドバイザーを通さず、企業と直接やりとりできるので、スムーズな転職活動が可能なのが大きな特徴です。

公開求人数は業界トップクラスの12万件以上。ビズリーチはハイクラス求人を多く扱うサービスですが、20代向けの求人もあります。

キャリアアップや年収アップをしたい人は、ビズリーチを利用してみましょう。

もっと読む
ペルソナ_ビズリーチ_図解

20代向けおすすめ転職サイト・エージェントを詳しく知りたい方は、ぜひ以下の記事もチェックしてみてください。

もっと読む

27歳で転職活動するなら転職エージェントがおすすめ 

27歳_転職エージェントおすすめの理由

27歳で転職活動をする場合には、転職エージェントの利用がおすすめです。

仕事をしながらひとりで転職活動をするのは大変だと感じる人は多いはず。転職エージェントは、時間がかかる求人探しを担当してくれるだけでなく、過去の実績やスキルから異業種の転職先を紹介してくれることも。

ひとりで転職活動をするよりも視野が広がるのが、転職エージェントを活用する大きなメリットです。転職エージェントを使うのがおすすめの理由を3つ紹介します。

  1. キャリアアドバイザーがついてくれる 
  2. 非公開の求人に応募できる 
  3. 年収交渉をしてもらえる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

もっと読む

①キャリアアドバイザーがついてくれる 

メリット_プロが一体一でサポート

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーが転職活動をサポートしてくれます。登録した実績やスキルをもとに面談を実施し、将来のキャリアプランに関する相談もできますよ。

求人紹介を受けて応募する企業を決めたら、履歴書や職務経歴書の作成サポートや、面接対策も受けられます。面接日程の調整など、企業とのやりとりをキャリアアドバイザーに任せられるので、転職活動がより効率的に

もっと読む

②非公開の求人に応募できる 

メリット_非公開求人に応募できる

転職エージェントは、一般的な公開案件とは別に、独自の非公開求人を保有しています。非公開求人とは、特別なポジションの求人、特殊なスキルを求める求人など、一般には公開されていない求人のこと。

非公開求人では公開求人よりも給与や労働条件が優遇されるケースもあり、年収アップを目指した転職に最適な求人です。

もっと読む

③年収交渉をしてもらえる 

メリット_年収交渉してくれる

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、転職活動をトータルサポートしてくれます。中でも転職希望者にとってありがたいのは、直接言い出しにくい給与や労働条件面での交渉を代行してくれる点。

募集企業との関わりが深い転職エージェントなら、転職希望者の要望をうまく企業に伝えてくれるので、条件面の改善が実現しやすくなるのです。

もっと読む

どの業界に転職すべき?27歳の平均年収事情 

27歳_転職すべき業界

年収アップを目指して転職活動をするなら、高い年収が期待できる業種や職種に新しく挑戦するのもおすすめ。20代のうちは、ポテンシャルを評価して未経験でも採用する企業が多いのです。

27歳の転職でねらうべき業界と、職種・業種別の平均年収を紹介します。気になる仕事が見つかったら、積極的に挑戦するのがおすすめですよ。

  1. 規模が大きく業績がよい企業勤務 
  2. 資格を活かした士業 
  3. インセンティブがつく営業職

1つずつ詳しく解説していきます。

もっと読む

①規模が大きく業績がよい企業勤務 

転職の狙い目_大企業

厚生労働省による令和2年「賃金構造基本統計調査」で、企業規模別に平均年収をみていきましょう。

大企業では25〜29歳の男性266万円、女性244万円、中企業では男性248万円、女性233万円、小企業では男性207万円、女性197万円。企業の規模が大きくなるほど、平均収入がアップしていることがわかります。

資金が潤沢な大企業では、業績に応じてインセンティブやボーナス額がアップすることもありますよ。

もっと読む

②資格を活かした士業 

転職の狙い目_資格を生かせる士業

「士業」とは、「〜士」と呼ばれる名を持つ職業のことです。弁護士や税理士、司法書士、行政書士などで、専門的な知識を有することを証明する国家資格が必要です。

また、医師や獣医師などの「〜師」がつく職業もあわせて、「師士業」と呼称されることも。

難易度の高い資格試験に合格する必要がありますが、20代で資格取得に挑戦する人もいます。専門性の高い仕事なので、高い収入が期待できます*。

もっと読む

③インセンティブがつく営業職 

転職の狙い目_営業職

営業系の職種は、平均年収が378万円と高水準の仕事です。営業職では売り上げなどの成績に応じたインセンティブ制度や、ボーナス額が高いことが多いのです。

そのため、基本給が低くても成果次第で年収をあげられる可能性があります。営業職で年収を上げるためには、コミュニケーション能力や臨機応変な提案力が必要。

27歳の転職で営業職に飛び込むことを考えている場合には、これまでつちかった社会人としてのスキルをしっかりと活かしたいですね。

もっと読む

転職して27歳で平均年収アップを目指そう

27歳_転職して年収UP目指そう

27歳で年収アップを目指すなら、まずはキャリアプランとライフプランの見直しをして、そのうえで最適なルートを選択したいもの。

年収をアップさせる方法はどれも簡単ではありませんが、27歳での決断は、今後の人生を大きく変える可能性があるのです。無理なく続けられて、自分に合う方法で年収アップを目指したいですね。

もっと読む
転職プラス編集部

転職プラス編集部