就活には多くの必需品があります。

例えば書類や文房具などを運ぶカバンをその一つです。就活ではそこまで多くのものは必要ありませんが、あくまでスーツに合ったカバンを使う必要があります。スーツに合ったカバンを使用しないと見た目がとてもかっこ悪く、面接時に悪い意味で目立ってしまうことも多いです。ではどのようなカバンが良いのでしょうか。今回はそんな質問に答えるために就活ににあったカバンを紹介します。

意外と鞄は見られている

就活をする上で自分たちの見た目はとても重要な採用の判断材料となります。

例えば、頭髪が整ってなかったり、スーツが乱れていたりするとそれだけで減点にする企業もなくはありません。

同様のことが鞄にもいえます。例えばカバンがスーツ姿に合っていないような鞄を使用していると見た目も悪くなってしまいます。

さらにいえば、見た目だけの問題ではなく中身もきちっとしていなければいけません。

例えば小さなポケットなどがたくさん付いているカバンだとより良いかと思います。就職活動中はたくさんメモを取ったり、たくさん必要な書類が出てきたりなど意外とものを詰め込む必要があります。

そのため、収納スペースがカバンを決めるキーポイントとなってくるかもしれません。

見た目だけの問題ではなく機能性にもこだわったカバン選びをするようにしましょう。

【徹底検証】リクルートスーツとスーツは違いがあるのか


就活で失敗しない鞄の特徴

よく就活用のバックを用意する際に、就活バックなんてA4の書類等が入るサイズであればどれでもいいんでしょと考えている人も多いかと思います。確かに就活においてバックの重要度は低いかもしれませんがビジネスの世界では靴バックベルトの色は揃えるなどのマナーが存在しているため評価の項目に取り入れている企業もあるようです。面接官や受付の方がこっそり入退室の際にチェックしているなんてこともありえるので、靴や時計だけでなくバックも気を抜かずに選ぶことをお勧めします。


では実際にどのようなバックを選べば良いのでしょうか。就活で失敗しない鞄の特徴を抑えていきましょう。

まず、時計靴鞄の色は揃えるのがマナーとなっているため、同じ色で揃えるようにしましょう。その中でも最もフォーマルとされている色が黒です。無難な色で社会人になってからも様々なシーンで活用できるため黒で揃えるようにしておきましょう。

次に鞄のデザインですが当たり前ではありますがトートバックやリュックサックはカジュアル過ぎるのでNGです。就活用のビジネスバックを購入し、デザインはとにかくシンプルなもの選んでください。また、ルイヴィトンやグッチなどハイブランドの物や効果すぎるバック、主張が激しいバックもあまり印象が良くないのでやめるようにしましょう。大学入学時に買ったようなシンプルなビジネスバックを使いましても問題はありません。

ビジネスバックは様々な素材で作られていることが多く、素材もしっかりと選ばなければいけません。レザーやナイロン素材の物などもありますが、基本的には大丈夫です。しかし1つ注意しなきゃいけないのはキャンバス素材でできているビジネスバックです。こちらはカジュアルすぎるため就活の場には適していないと言えるでしょう。


就活のバックは機能性があればあるほど良いとされています。では就活バックの機能性としては何が必要と言われているでしょうか。

まず、バックが自立する日と言うことです。自立と言うのはいかに立てておいても倒れないと言うことを意味します。面接や説明会の際に床に置いたカバンが倒れてしまうと非常に見栄えが悪いです。これだけで採用不採用が決まるわけではありませんが、見た目の問題として自立するものを選ぶようにしましょう。

次にA4の書類等が入るかと言うことです。基本的にビジネス上で使う書類や資料はA4サイズのものが多くA4サイズの書類が畳まないと入らないとなると非常にめんどくさいです。手間を省くためにもA4サイズがすんなり入るような就活バックを買うようにしましょう。

最後に自分自身のPCが入るような10月バックであることも大切です。就活はすきま時間などを使ってエントリーシートを書いたり、ウェブテストを受けたりすることが多いです。そのため外でパソコンを使い作業などをするため持ち運ぶことが必要となります。自分の使っているPCの横幅や縦幅を調べ、就活用のバックに入るか確認してから購入することをお勧めします。

インターン/インターンシップに必要な持ち物は何?前日までに準備すべき物とは


就活におすすめの鞄まとめ

よく聞かれるのが上に書かれていることをクリアしていてかつ、安いビジネスバックはないかと言うことです。

確かに就活中は医療費や昼食代なども全て自分で出さなければいけません。

そのため、学生のみにとっては金銭的にかなり厳しい時期になるかと思います。できるだけこういった身の回りの物もお金をかけずに購入したいですよね。

今回は先ほど書いた条件をクリアしていて、10,000円以内で買えるオススメの就活バックを紹介していきます。

まず最初にアンディーハワードと言うメーカーが作っているビジネスバックです。アンディーハワードは価格帯の低いものから高価なものまで幅広く作っているため、大学生でも買えるようなとても安価なビジネスバックも置いてあります。

さらに安価という理由だけではなく、機能性も優れていることもお勧めする理由です。記事はポリエステルでできているものも多くかつきちっとしているバックが多いので就活生にはオススメです。

基本的に価格帯で言うと5,000円前後のものもあるため、手に入りやすいかと思います。

次に竹八謹製で作られているビジネスバックです。

こちらは素材がナイロンより丈夫で使いやすいマイクロファイバーポリエステルを利用したビジネスバックなども作られており、かなり丈夫に作られています。

また所々に牛革の切り替えなどが入っているためおしゃれにも作られており、大学生でもこれらは気に入るデザインかと思います。

さらに、内側にポケット等も多く、細かく細分化されていることからボールペンなど様々なものを収納することができます。機能性に優れているビジネスバックなので、この1つだけで就活に必要な道具は全て収納できるかと思います。

この2つのメーカーのビジネスバックは基本的に機能性が優れていて安価です。もしまだビジネスバックを手にしていない学生はいちど覗いてみると良いかもしれません


まとめ

今回は就活において大事なカバン選びについて紹介しましたが、意外と気にしないような見た目のポイントを面接官は見ています。

見た目の問題で言うとよく頭髪の問題などではありますが、着るものや身に付けるものなどでもその人の印象を判断されることがあります。

そのため、細部までこだわってみるのも良いかもしれません。カバン選びだけで面接を落とされたり採用されないという事はありませんが、良い印象を与える事は可能かと思います。

清潔感ある人間だとアピールできるようなアイテムを身に付けて面接に臨むようにしましょう。

また、ビジネスバックは就活中にずっと自分の横にあるものです。機能性や重さだけでもその愛着は変わってきたり、自分のモチベーションに関わってくることもあります。

そのため、いかに自分にフィットするかと言う点を考えて鞄選びをすると良いかと思います。機能性や重さだけでもその愛着は変わってきたり、自分のモチベーションに関わってくることもあります。自分にとって相棒のようなカバンを見つけて、就活を成功させましょう。