就活において、実は1次面接以上に重要になってくるのが2次面接です。
「いつも1次面接までしか選考が進まない...」という状況に陥らないためにも2次面接のポイントと対策をしっかりと立てておく必要があります。
今回は2次面接突破の秘訣をご紹介致します!




記事ダイジェスト
1. 2次面接とは
2. 2次面接で見られている(評価される)ポイント
3. 2次面接のよくある質問内容
4. 2次面接の評価ポイントとその対策まとめ

2次面接とは

就活では面接を3回重ねることがオーソドックスですがそれぞれの面接の意図をざっくりと説明します。1次面接は、大量の候補者のうち自社の採用基準に明らかに外れている人をふるいにかけるために行われます。3次面接は、学生と会社がフィットするのか、また学生に入社の意思があるのかを最終確認するための場です。

では2次面接とは?
つまり2次面接こそが、学生の皆さんがイメージする「選考」が最も行われる場なのです。2次面接に通ることができれば、企業はあなたに好印象を抱いている証拠とも言えます。2次面接では1次面接の内容を深掘りした内容を聞かれることが多い為、2次面接前には1次面接の内容を振り返るようにしておきましょう。


2次面接で見られている(評価される)ポイント

就活で極めて重要な山場である2次面接ではどのようなポイントを見られている(評価されている)のでしょうか?
人事の目線から2次面接のポイントを解説して行きます。

2時面接は1次面接の内容の深掘り、確認

1次面接で聞いた内容を深掘りしてくる企業が多いです。しかし、1次面接の時よりも内容の深掘りをしてくるので相応の準備が必要でしょう。また、2次面接では現場のリーダークラスの社員や場合によっては役員が担当をすることもあります。実際に現場で実績を残している人が「あなたと働きたいかどうか」を念頭に置いて面接を行う為1時面接よりも厳しいものになるでしょう。

自社にマッチするかを最重要視している

1次面接では多くの学生をふるいにかける必要がある為「この業界に合いそうか」「ざっくりと人当たりが良くて営業に向いているか」など大まかに判断を行う場合が多いです。しかし、2次面接では「自社にマッチするか」を実際に面接官は判断してくる為「営業には向いているけどうちの会社に必要なタイプではないな」などと落とされる人が増えてきます。インターン経験などが豊富な学生であっても、なかなか就活では内定をもらえないことがある原因の一つは、「その会社がどんな人材を求めているのか」を意識することが少ないからです。
自社にマッチしているかを確認するために、あらゆる疑問に関して「なぜ?」と学生に問いかけてきたり、カルチャーフィットするかの確認を行ってくることがありますが、ひるむことなく真摯に質問に答えていきましょう。

2次面接のよくある質問内容



2次面接でよくある質問内容をご紹介します。

・希望職種に対して、能力・実績があるのか(過去に頑張ってきたこと、など)
・希望職種に対して、どれだけ本気で志望しているのか(入社後に挑戦したいこと、など)
・希望職種に対して、本人の適性があるか(将来のビジョン、など)
・希望職種と会社としてのニーズがマッチしているか

2次面接含め面接の際に注意すべき点は相手の質問の意図を推し量ることです。「面接官がなぜこの質問をしているのか」を意識することであなたの回答はより論理的かつ相手を納得させることができるようになるでしょう。

たとえば、入社後に挑戦したいことを面接官に尋ねられた場合は、自分が志望している仕事・職種に対する本気度を見ている場合が多いです。「将来的にはWebマーケティングを担当したいです」と1次面接で言っていて、2次面接の場で「具体的になぜやりたいか」を尋ねられた際に答えることができなければ、面接官は「雰囲気でなんとなく憧れているのかな」と考えてしまいます。「これまでアルバイトで工夫をこなし売り上げを伸ばすことに成功してきました。Webという今後伸びていく業界で自らのマーケティングスキルを高めたいと考えています。」などと答えることができれば面接官も納得するでしょう。

2次面接の評価ポイントとその対策まとめ

いかがでしょうか?
これまで見てきたように2次面接では、「自社とマッチしているのか」を1次面接より重点的に評価されます。「全体的に優秀な学生ではあるけどうちで活躍している社員と比べると違うな」などと落とされる人が多いのが2次面接です。最も重要なことは企業分析を入念に行い、その会社で求めている人材像を把握しておくことです。分析の結果、自らがその会社に合っていると感じたならば、堂々と2次面接に臨みましょう。きっと内定をゲットすることができますよ!