1次面接、2次面接を突破していよいよ最終面接です。
最終面接には最終面接なりの突破のコツがあることをご存知でしたか?
今回は最終面接で確実に内定をゲットするためのポイントに関して解説していきます。




記事ダイジェスト 
1. 最終面接とは
2. 最終面接で見られている(評価される)ポイント
3. 最終面接のよくある質問内容
4. 最終面接の評価ポイントとその対策まとめ

最終面接とは

まずはじめに、最終面接とは単純な入社意志の確認の場だと捉えている方も多いのではないでしょうか?
無難なことを言っておけば落ちることはないと考えていませんか?
しかし、最終面接で落とされることは全く珍しいことではありません。
最終面接とはその名の通り「最後に応募者を試すことのできる場」なので、十分に満足していない限り、落とすこともあり得るのです。
では実際に最終面接で人事、あるいは役員や社長は応募者の何を見ているのでしょうか?

最終面接で見られている(評価される)ポイント



熱意

まずは何と言っても熱意を見ています。
熱意が感じられる学生=自社への志望度が高い学生と言えるので「うちの会社で働いてもらいたいかどうか」を最終的に判断する最終面接では熱意を第1に重視している企業は多いです。

また、最終面接の段階まできている学生に関しては企業側も、実際にその学生が企業に入ってからの姿をイメージしています。「入社したもののすぐにやめるような学生ではないか」「会社の風土に合わずに孤立してしまわないか」など人事の側にも不安があります。入社してからもバリバリ活躍するという印象をつけるためにも熱意のある姿をアピールしましょう。

姿勢が大事

最終面接では話の中身よりもコミュニケーションの姿勢が重要になってきます。
前述の熱意を見せるためにも、またビジネス的なコミュニケーションが取れることをアピールするためにも、会話に対する姿勢がとても大事です。
相手の話をしっかり聞く、相槌を打つ、意見を求められたらしっかりと答えるなど、当たり前のことですが意識しておきましょう。

自分の意見・気持ちは素直に

最終面接まで通った会社だとしても、入社をするか迷うことはあると思います。他の企業と迷っているならその旨をはっきりと伝えましょう。
素直に気持ちを伝えることで、就活相談に乗ってくれる人事もいるでしょう。会社を選ぶ権利は最後まで学生の側にあるため堂々とした姿勢でいましょう。

最終面接のよくある質問内容

最終面接でよく聞かれる質問に関してご紹介します。

・ウチの会社をどうしていきたいですか?
・当社が第一志望ですか?
・当社に入社しますか?
・同業の○○社は受験していますか?
・当社が内定を出したら、他社の内定は全て断りますか?
・以前の面接で、○○社や□□社も受けていると言っていましたが、辞退しますか?
・当社を○○社よりも志望する理由を具体的に述べてください
・どんなプロセスで、当社が第一志望になりましたか?
・正直言って、当社は何番目の志望ですか?
・当社が内定を出したら、就職活動はやめますか?
・採用になったら、いつから働けますか?
・前職で何かをやり遂げた、成功体験はありますか?
・最近の就活状況はいかがですか?
・当社について、知っていることを何でも構いませんのでお話し下さい

志望度を聞いてくる質問や入社後の姿をイメージさせるような質問が多いですね。
最終面接では逆質問をする機会も多いと思います。

基本的に気になったことはどんどん聞いてみるべきですが、自分で調べればわかることは聞くべきではありません。例えば、「社員数は何人ですか?」といったコーポレートサイトに書いてあるようなことは最終面接の場で聞くべきではありません。
また、

・1次面接、2次面接ですべき質問
・職種の変更の可否など志望度を疑われるような質問

なども最終面接で逆質問すべきではありません。

最終面接の評価ポイントとその対策まとめ

今回は最終面接で意識すべきポイントに関して見てきましたがいかがでしょうか?
最終面接では、学生の志望度を訪ねると同時に入社後本当に活躍できるのかを判断しています。
最終面接まで残っているということは、あなたの基本的な能力は認められているということです。

あとは堂々とした態度で、会社への想いを語ることができれば内定をゲットできるでしょう。
また、企業が応募者を見極める場であると同時に応募者が企業を見極める場でもあります。「本当にその会社に行きたいのか」「その会社で働くことで自分の成し遂げたいことを達成できるのか」最終面接の場で確認するようにしましょう!