就職活動では、今まで大学生の生活中で許されてきたことが
許されないパターンが多いです。
その中でも最もきちんとしなければいけないのが
「見た目」の問題です。
リクルートスーツなのはもちろんですが、頭髪や女性の化粧なども
面接官の目には良くとまります。
そこでマイナスな印象を与えてしまっては
面接が通ることは難しいでしょう。
何気ないことでも注意を払って、面接にふさわしい見た目で
面接会場に向かいましょう。
今回はそんな見た目の中でも面接官に良い印象を与える
髪型について紹介していきます。

就活では髪型も見られている

面接に向かう際に「どのような髪型が良いか」という点で
迷った人もいるかと思います。
基本的に面接官は髪型を見ている人は多いかと思います。

具体的に言えば、頭髪の長さや色なども細かくチェックしていることが多く、
厳しい企業だと、そこで落とされる企業もあるようです。
ただし、男性と女性では判断されるポイントも変わってくるので、
しっかりと落とされないような身だしなみにする必要があります。
また髪の毛の色などを染め直しすると色が落ちてくるといった問題などもあります。
できるだけ就職活動が始まる少し前から身だしなみのことを意識して就活モードに切り替えていかなければいけません。
気持ちを就活モードに切り替えるという意味でも、髪の毛を整えるのは早めにやっておきましょう。
また髪型と言うのは大学に入るとパーマをかけたり髪を染めたり様々な変化が現れるものです。

しかし、その髪型をあまり直したくはなく少しだけパーマを残して面接に向かう人などもいるようですが、基本的にはNGです。
整った髪型にしてから面接に向かわなければ面接官に悪い印象を与えてしまい、採用から遠ざかってしまいます。
おしゃれなどに気を使うのも良いかと思いますが、就活期間だけはおしゃれは我慢しましょう

就活で好印象な髪型~男性編~




大学生になると、男子もパーマをかけたりするため全体的に髪型が長い学生もいます。
まず、長さは短くカットをして清潔感を出して面接に臨むようにしましょう。

基本的に企業の面接官が好む髪型は清潔感のある髪型です。
清潔感というのがポイントで、不潔な印象を与えてしまうと
「この人と仕事をしたくない」なんて思われてしまうかもしれません。
「けど、清潔感を与える髪型ってどんな髪型?」と思った人もいるかもしれません。
ここでポイントとなるのが、自分の顔が見えているかどうかです。
前髪が長く顔にかかっていて顔が見えなかったり、
横の髪の毛が長くて耳が隠れていたりすると
それは長いという判断になることが多いのでカットするようにしましょう。
美容師さんなども、就活などに向けてカットすることも多いので、
就活用に切ってくださいと言ったら短くしてくれます。
1つ注意しなければいけないのは、自分の感覚での短いという基準が
面接官にとっては長いという印象を与えてしまうことです。
あくまで「見られる」という意識を忘れないで、
切りすぎるくらいがちょうど良いかもしれません。

次に髪の毛の色ですが、もし明るい色に
変えている場合は染め直す必要があります。
できるだけ自然な色に変える必要があるため、
オススメなのは自分で染め直したりするのではなく、
美容室などで「自然な色にしてください」と言えば良いと思います。
黒に近い色であれば、とやかく言ってくる面接官も
あまりいないかと思います。
また、もともとの地毛が明るい色の人もいるかと思いますが、
そういった体質の人は無理に染め直す必要はありません。
もし、面接官に髪の毛のことについて、聞かれた場合は
素直に答えましょう。

髪の毛とは少し違いますが、男性はヒゲについても
気をつけなければいけません。
顔の横の部分やあごの下などもしっかりと
鏡で確認して剃りのこしをしないようにしましょう。
特に顔の横は髪の毛との境目をはっきりさせるためにも
もみあげは長くせずに剃るようにしましょう。

最後に面接当日はしっかりと髪の毛を整えていきましょう。
ボサボサの髪の毛や寝癖がついている状況での面接は
絶対にNGです。

スーツの雰囲気に合った髪型にするためにも
スタイリング剤などをつけていくことをオススメします。
くせっ毛などの人はヘアブラシで整えてから、
スタイリング剤を使って整えていくと綺麗な髪型を
維持することができるため、あまり気にしなくても良いかと思います。

就活で好印象な髪型~女性編~




髪型で印象が決まるのは女性も同じです。
大学生になると髪型を色々変化させる女子大生も多いかと思いますが、
就活の時期だけはその楽しみは置いておきましょう。
パーマや染めた髪なども一回フラットにして、
元々の髪型に戻すくらいがちょうどいいかと思います。

まず、髪の長さですが男性同様で顔を見えるようにしましょう。
しかし、男性と違い、女性は髪の長さがとても長い女性もいます。
長さを調節するということは必要ないので、
ロングヘアの女性は1本に縛るという手段をとれば何の問題もありません。
本来なら髪の毛の制限はありません。
清潔感さえあれば、どんな髪型をしてもかまいません。
ボブにしても良し。ショートカットにしても良しなので、
無理に結ぶ必要もありません。

重要なのはしっかりと自分の表情が伝わるように顔を
見えるくらい出すということです。
基準としては自分の眉毛と耳が見えるくらいにしておくと
基本的に問題はないかと思います。
面接に行く前に鏡などでしっかり眉毛と耳が見えるか
確認してから面接に行くようにしましょう。

次に髪色についてですが、
これが男性と全く同様のことが言えるでしょう。
髪を明るい色に染めていて、染め直しが必要な場合は
自然な色にしてもらいましょう。
自分で染めなすと色ムラが出たりするため、
あまりオススメはしません。
スタイリングに関しては、髪を縛ったりして、
シンプルで清潔感が感じられる髪型であればそれで良いかと思います。
しかし、1つだけ注意しなければいけないのが、
ヘアアクセサリーは使わない方が良いです。
髪の毛をまとめる際にヘアゴムなどを使ったりしますが、
シンプルなデザインのものを使うようにしましょう。
面接の時はスーツで行くことになるので、
スーツに合ったデザインのものでなくてはいけません。
たとえば、ピンクや黄色のような派手な色のヘアゴムを選んでしまうと、
浮いてしまい、しっかりした見た目が台無しになってしまいます。
あくまでスーツに合うような落ち着いた色合いのヘアゴムで
派手な飾りなどもないヘアゴムを選ぶようにしましょう。
全てに一貫して言えることではありますが、
大学での自分や友達と遊ぶときの自分の身だしなみを
全て抑えれば面接官に悪い印象を与えることはないかと思います。

まとめ

今回は就活で面接官に良い印象を与える髪型について紹介しましたが
あくまで大事になるのは「清潔感」のようです。
髪型も自分をアピールするための個性ではありますが、
就活の場面では個性のアピールより清潔感を優先することを考えましょう。
よく就活の面接のことを考えると面接官に話すことを
考えがちですが、見た目にも細心の注意を払いましょう。
髪型についても細心の注意を払う事は忘れないようにしましょう。
厳しい面接官だとちょっとした髪型のハネでもうるさく言われてしまう可能性もあります。
決してそんなに見ていないだろうと油断せずに完璧な状態で面接に向かうようにしましょう。