最近「プログラミングは未経験だけどエンジニアになりたい」という学生が増えています。この記事にたどり着いたあなたもきっとその一人ではないでしょうか?

事実として、IT業界ではエンジニア不足が至る所で叫ばれており、その需要は年々拡大しています。また、一度スキルを身につけてしまえば、フリーランスとして生きていくことも可能ですし、自分が欲しいサービスを自らの手で作って起業することもできるでしょう。

一方で、エンジニアという職種は向き不向きの差が非常に大きく、未経験者が軽い気持ちでエンジニアとして就職した後に「全然向いていなかった、、、」ともなりかねません。

そこで今回はエンジニアになりたい学生の皆さんに、エンジニアとして欠かせないプログラミングスキルを身に付けるオススメの方法と、エンジニアとして就職する前に是非とも経験しておいてほしい「エンジニア職の長期インターン」についてご紹介します。

プログラミングスキルを身に付ける方法①:独学で何かを作り上げる

未経験者がエンジニアになりたいならインターンに行こう!

生粋のエンジニアたちの多くはこの方法でプログラミングスキルを身に付けています。「ゲームを自分で作ってみたかったからプログラミングを勉強し始めた」なんて話をよく聞いたりしますが、何を学ぶにしても、分からないなりに自分で手を動かしてやってみるというのは非常に大切です。人から教えてもらったことは、理解したつもりでも実際にはしっかりと理解できていなかったりすぐに忘れてしまったりしますが、自分で手を動かして苦労しながら学んだことはいつの間にか身に付いていきます。

ここで重要なのは、その作りたいものに対する「モチベーション」です。プログラミングを勉強しながらいざ自分で実際にものを作り始めてみると、分からないことが山ほど出てきます。何時間試行錯誤しても一向に解決しなかったり、ネットに書いてある情報と全く同じようにしたつもりなのに動かなかったり(本当はすごく単純なところでミスをしていているだけだったりします)。こういった壁にぶち当たったときに、作りたいものに対するモチベーションが低いとすぐに諦めてしまいがちです。

そこで諦めてしまうことなく、本で調べたり、ネットに書いてあるあらゆる情報を試したり、知り合いのエンジニアに聞いたりして何とか解決できるかどうかが、自分がエンジニアに向いているかどうかを見分ける一つのポイントになります。


また、どうしても作りたいものがあるわけではないけれど、自分の手で何かを作り上げてみたいという未経験者が最初に取りかかるものとしてオススメするのは、自分の好きなサイトやよく見るサイトの見た目だけをそのままそっくり真似して作ってみることです。最初の取っ掛かりとしては、この「見た目だけ」というのがポイントで、見た目だけを真似するのであれば「HTML」と「CSS」という二つの簡単な書き方を学ぶだけでほとんど同じものを作ることができます。

プログラミングスキルを身に付ける方法②:プログラミングスクールに行く

未経験者がエンジニアになりたいなら長期インターンに行こう!

出典:http://ystyle-corp.com/

全くゼロから何かを作り上げる自信がない。行き詰まったときに教えてくれるエンジニアの知り合いが周りに誰もいない。という人にはプログラミングスクールがオススメです。


最近は、プログラミングを学習したいという人が増えてきたという背景もあり、プログラミングスクール事業を行う企業もどんどん増えてきています。プログラミングスクールのメリットは、何と言っても自分では解決できない問題に直面したときに、すぐに講師のエンジニアに質問できることです。問題に直面したときに何とか自分で解決する力も重要ですが、場合によっては経験のあるエンジニアに聞いて、早く次のステップに進んだ方が良いこともあります。そういった時に経験豊富な講師の方に直接教えてもらえるのは非常に大きなメリットになります。


また、プログラミングスクールはその名の通り「学校」のようなものなので、未経験のエンジニア志望の学生が学ぶのに最適なカリキュラムが設計されていることも大きなメリットです。独学で何かものを作っているとどうしても知識が偏ってしまったりしがちですが、プログラミングスクールであれば、エンジニアとして働くのに必要な基礎スキルを網羅的に学ぶことができるでしょう!


プログラミングスキルを身に付ける方法③:エンジニア職の長期インターンに参加する

最もオススメなのが、実際に企業の中に入って働きながらエンジニアとしてのスキルを身につけられる長期インターンシップです。

エンジニアの長期インターンシップでは、実際に商品・サービスとして利用されているサイトやアプリケーションの開発に関わることになります。技術研修だけで終わったり、ちょっとしたアプリケーションを作るだけのような短期インターンシップとは一線を画します。まさにエンジニアとして働くために現場で必要なスキルを学ぶことができます。基本的に現場のエンジニア社員がメンターとなってくれるので、開発に行き詰まった際にも安心です。

また、既に商品・サービスとしてある程度のユーザー数も付いていて、しっかりとした開発体制・フローの上で開発経験ができることも非常に大きなメリットです。


さらに、エンジニアの長期インターンシップでは基本的に給与が支給されます。プログラミングスクールでは数万円〜数十万円といった学生にとってはかなり大きな金額を支払って学ぶことになるますが、エンジニアのインターンシップでは給与をもらいながらエンジニアとしてのスキルを身につけることができるのです!アルバイトの代わりに、場合によってはアルバイト以上に稼ぐことも十分可能です。将来エンジニアとして働きたいのであれば、インターンシップを活用しない手はありませんね!